屋根工事コラム


モルタル外壁を見て地震の時に生じたと思われるクラック(ひび割れ)が外壁に入っている

モルタル外壁はデザイン自由度の高い万能な外壁工法ですが、クラックと言われるひび割れが入りやすい特徴があります。クラックの放置は美観を損なうばかりか、雨漏りする危険性を回避するためにも補修をすべきです。

パラペットの語源は英語が語源で橋の欄干(らんかん)や戦場の胸墻(きょうしょう)を意味します。

屋根工事や屋上防水工事よく聞くパラペットとは何のことか分かりません。特に屋根の話題でよく聞く気がします。そのパラペットとは何なのか、どんな役割を果たすものなのかを知ると屋根修理に役立ちます。

アスファルトとゴムを主たる原料とした一液性ゴムアスファルト系塗膜防水資材です。

防水工事にはアスファルト工法、シート防水、ウレタン塗装などの防水工法がありますが、ガスファルト防水工法とはどんな防水工事なのか、使用材料や工法を交えながらご紹介します。街の屋根やさん宝塚店

カチオンとはプラスの電気性質を帯びた「陽イオン」を意味しています。

防水工事業者からよく聞く「カチオンシーラー」、「カチオンでしごく」とは、どんな成分で、どんな効果があり、使用するメリットは何なのかを知りたい方に、難しい専門用語のニュアンスを感じ取って頂きたいと思います。

屋根の勾配は降ってくる雨水を速やかに流し落とし、雨漏りリスクを回避するために設けられた傾斜です

ほとんどの屋根には傾斜角度が付いていることをご存知だと思いますが、これを勾配と呼んでいます。勾配には規定の角度があり、設計の段階で意図的に傾斜角度である勾配を決めています。長所と短所を知ると役立ちます。

立平の重量は日本瓦の約10分の1と極めて軽く、建物への重量負荷、負担が少ないのが特徴。

シンプルなデザインの屋根材JFEライン立平333は縦ラインを強調した美しい屋根材です。古民家の屋根の一部としてもよくマッチし、雨仕舞に優れ新旧をうまく融合させる屋根材として人気を博します。

南海本線の橋梁を押し流し、近鉄沿線では土砂崩れが発生して、人々の交通インフラを直撃して、日常生活に大きな影響を与えました。

2017年台風21号は風台風で各地に大きな被害をもたらしました。近畿地方でも多くの家屋の屋根が被害を受けました。自然の猛威の前にはなす術がない事もありますが、事例を見ながら対策を講じて下さい。

屋根の苔が成長を進めるために必要な光合成3要件をバランスよく満たす場所に苔が生える

屋根表面に苔が生えているが、なぜ屋根に苔が生えるかを知りたい方必見です!窓から見える屋根に苔が生えている様子を見たことがあるが、まさか家の屋根に苔が生えるとは!なぜ苔が生えるのかが解ります。

防水や止水したい箇所に、不適切なコーキング材を充填したら後で困ることがあります。プロの職人さんはどう使い分けているのでしょうか。

コーキング材の種類と使い分けを知りたい。店頭には多くのコーキング剤が並んでいるが、どれを選べば良いか解からない人も多いでしょう。工事だけでなくDIYにも役立つコーキングの知識。

雨漏りしたら慌てずまずはバケツと雑巾を用意して二次被害を防いでください。雨降りの最中でも対策が出来る場合があります。

雨漏りが心配!大雨が降る前に出来る雨漏り防止対策はないのかとお考えの方。2年連続の記録的大雨に警戒せとは心配です。直前でもできる対策があります。雨漏りする大きな特徴を見ながら、今からできる事をしましょう。

日本列島に停滞する低気圧や梅雨前線には、南の海上から暖かく湿った空気が流れ込むので前線が刺激されて局地的な大雨になることが多い。

「梅雨前線活発化で西日本は記録的大雨に警戒」は2年連続の大雨警戒です。西日本豪雨は2018年の7月初旬のことで、同程度の降雨量を観測するようでは2年連続、雨漏りが極端に増えます。雨漏り予防対策をして下さい。

カラーベストを葺き進める工事の様子を観察すると、互い違いに張っていく「千鳥張り」になっていることに気が付きます。

カラーベストの葺き替えで張り継ぎ目の隙間が見えました。その隙間から雨漏りしないのか心配になります。雨漏りしないうえに、意図して設けられた隙間は、より雨水を流し切るために設計されている大切な隙間です。

大阪北部地震ではマンションの外壁タイルが大きく剥がれ、雨漏りが始まった事例が多発しました。

6・18の大型地震は何を語るのか。昨年に続き6・18は2年連続。近畿地方でも大阪北部地震が発生した日でした。新潟山形地震などの大型地震ではどのような事が起こるのかを想定し、それに備えておきましょう。

令和の典拠となった万葉集序文「初春の「令」月にして気淑く風「和」らぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香りを薫す。」

新元号「令和」は平成の次の世を表現し、先達が大切にしてきた日本人の本質を現し、変わることない日本人のあり方に期待する篤き人々が希求する真理と道理を悟ることができる新しい時代の名称の意味を知ります。

乾燥と湿潤は、干しシイタケの乾燥と戻しの関係に似ているが、その繰り返しはシイタケを破壊することになる

雨水を吸いやすくなっているモルタル外壁をしばしば見ることがあります。硬いセメント質のモルタル外壁も経年劣化の末に遮水能力が低下しますが、どうすれば外壁の壁面が遮水するのか考えます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宝塚店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-557-325