オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

築42年の屋根周囲の鼻隠し板、雨どい、軒天井、下屋の状態


この店舗付き住居の屋根は「寄棟屋根」ですので、軒先が3方向に存在します。軒先側(桁側)の雨どい奥に見える板を「鼻隠し板」と言い、切妻屋根などのケラバ側(妻側)の板の事を破風板と言います。

この店舗付き住居の鼻隠し板は木質材料で仕上げられており、ご覧の通り表面の塗装面(塗膜)が限界を迎えていることが解ります。

破風板がパラペットと寄棟の軒先の合端口(接合部分、取り合い部分)に存在する

パラペットと大屋根の合端口(接合部分、取り合い部分)には、小さいながら2箇所の破風板が存在します。

寄棟屋根とパラペットの合端口(接合部分、取り合い部分)の左右には破風板がある
これも木質製で、同様に表面の塗膜、塗装が劣化していて、雨水を吸収してしまう状態にあります。
劣化している軒樋、鼻隠し板、下屋の軒天井

軒樋をご覧ください。長い時間にわたる紫外線劣化と気温差に基づく温度劣化を主因として、塩ビ製の雨どいが劣化していることが解ります。一方竪樋はしっかりしている印象です。

軒天の塗装が剥がれている

木質塗装仕上げの軒天井の表面には塗装仕上げが施されています。ご覧の通り、表面の塗装膜が劣化をして、ひび割れが起きていることが解ります。

下屋の軒天はプリント合板のためケイカル板よりも劣化が激しい
下屋の軒天井のプリント合板も褪せてしまっています。
大屋根に対して中間階にある屋根を下屋と称することが多い下屋根

よく建築業者が「下屋(げや)」と表現しますが、大屋根のことではないことは直感的にお分かりいただけると思います。

2階建ての建物であれば、1階と2階の中間にある屋根のことを指しています。正式には下屋根と言うのが正しい表現です。

カラーベストは築42年の割には表面の状態がいいが内部漏水は始まっている

下屋(げや)にもカラーベストが葺かれていますが、表面に藻類やカビが見られます。当時の表面の艶もなくなっており、上るとほぼ確実に踏み割れが生じるはずです。

下屋の雨押えと外壁の合端口(接合部分、取り合い部分)には雨が侵入する隙間ができている
踏み抜け(カラーベストがずれて抜ける)も起こすでしょう。調査の時は、無造作に屋根に上らないことが賢明です。ケラバ板金や雨押え板金にも錆が見られます。

木質系の鼻隠し板、破風板は塗装すべき状態にあります。部分的に腐食が進んでいる箇所もありましょうから、部分交換も視野に入れておくべきでしょう。


雨どいは、軒樋だけでも交換しておいた方が賢明です。竪樋はしっかりしていますし、後々部分交換をしやすい樋ですが、大屋根の軒樋を交換するときは足場が必要になります。かえって負担が大きくならないように屋根工事と同時に交換しておく方がいいでしょう。

 

軒天井は、塗装が剥がれているものの状態は悪くありませんので、軒天井の機能を果たしています。しかしお家は美観も大切ですから、家主様がご判断されたら良いかと思います。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宝塚店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-557-325