オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

宝塚市のマンションでALCからタイルが剥がれた原因総括と強化対策


振動による剥離 地震をはじめとする様々な揺れエネルギーの影響を受けたダメージ

水分による剥離 侵入した水分がALC成分と結合して下地を痩せさせた
45二丁のモザイクタイルで仕上げられた賃貸マンションの外観を観察するとベランダ、バルコニーが建物本体から張り出していて、地震の時の振幅が建物とバルコニーでは異なることが解かる。

マンション本体外壁のタイルはほぼ剥離がなく、ベランダとバルコニー外壁のタイルだけが剥離していました。


ベランダとバルコニーは建物本体から張り出していて、揺れやすい構造にあります。


今回タイルを補修しても、揺れやすい構造にある条件は変わりませんので、揺れを減殺する工夫をしなければなりません。


下地のALC面に弾性が高い下地調整材を左官塗布します。この下地調整材は乾燥硬化しても、弾性を残します。


弾性が残るとベランダとバルコニーが地震で揺れても、その揺れにタイルは追随しますので、極めて剥離しにくくなります。

外壁タイルの天端はボックスと言う役物タイルが張り付けられ、天端が水平になる事から雨水が残留しやすい構造にある。

セメント質であるタイル目地からの浸水は、構造上、素材の性格上、100%回避することはできませんが、減殺させることは可能です。


外壁タイルは通常垂直な壁面に張り付け施工されていますが、一部水平に張り付け施工されている部分も存在します。

外壁タイルの上端部で角部はボックスと言う役物タイルで仕上げられる。
外壁タイルの上端部で角部はボックスと言う役物タイルで仕上げられる。

建物の上端部では、ボックスという役物タイルを使って仕上げられてできた平面部分が雨水を受けて蓄えてしまいます。


その雨水は蒸発しますが、タイル目地に吸収されていく水分の方が多く、その水分がタイル内部に侵入することを妨げる方法をとります。

外壁タイルの上端部をボックスタイルで仕上げられた天端は水平で雨水を蓄えやすい構造にあるので遮水対策を施します。

写真をご覧いただくと一目瞭然で雨水を蓄えてしまうことが解ります。


この雨水が外壁内部への雨漏りになるので水切りをします。


ベランダとバルコニー手摺壁の天端は、リシン吹き付け内壁とタイル施工の外壁の接合点に段差があります。


ここにコーキング材を斜めに盛ります。

ポリウレタン系コーキング材は塗料との相性が良く、硬化後にタックが残っている状態で表面を塗装するのがベストです。

外壁タイル天端の水切り目的で盛ったコーキング材は、このままでは劣化が進行する速度が速く、数年で亀裂が生じ始めることもあります。


そこでコーキング材を保護する必要があり、バルコニー内壁から連続した同色で塗装仕上げをしますが、コーキング材の材質が鍵を握ります。


コーキング材は塗装に向かない材質もあります。ポリウレタン系か変成シリコン系でなければ表面に塗装することができません。


この2者のうち、塗料との密着性が高いのは前者のポリウレタン系です。打設後2週間程度はタックと言うベタベタ感が残ります。


このタックが、その後塗られる塗料とコーキング材が強力に密着させてくれますので、ポリウレタン系が適した材料と判断しています。

外壁タイルの水平な天端にポリウレタン系コーキング材を傾斜が出来るように打設すると、天端の雨水は瞬時に遮水され雨漏りしにくい構造になる。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宝塚店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-557-325