オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高槻市で屋根に地震の被害が出たお宅はお部屋の中も多くの被害が


和型施釉瓦ぶきの屋根が大きく損傷したほか、以下の被害も見られました。

「お風呂場のタイル割損」

「キッチンタイル剥落」

「和室の柱と内壁の隙間」

「クロス破れ」

「玄関土間の沈下」

「ベランダ土間亀裂」など

高槻市で屋根が地震被害に遭ったお宅を見上げても屋根表面が十分に見えないのでやはり屋根に登っての調査が必要です。

震度6を超える大阪北部地震のような大地震に遭うと、建物の至る所に被害症状が現れます。しかし屋根は見上げて見えればよいのですが、見えない事の方が多く、その被害になかなか気づかないものです。


うちは大丈夫じゃないか、大丈夫だろうと考えず、異常があるかもしれないと考えて、様々な方法で確認し、屋根専門業者に点検を依頼してください。


一方、家の外周りや部屋の中の状態はすぐに気づくことが出来ますので、被害状態を確認する事ができます。このお宅は屋根だけでなく、家の中も相当な被害が出ました。

高槻市で瓦屋根が地震の被害に遭ったお宅ではお風呂場のタイルも割れる被害が出た。
高槻市で瓦屋根が地震の被害に遭ったお宅の左官タイル仕上げされたお風呂場の内壁は大きく割れてしまった。

屋根点検を終わった後、依頼者から家の中へ案内されました。各所で被害が出たので見て欲しいとの事。まずはお風呂場ですが、タイルが相当割れています。


現在はシステムバスが主流ですが、当時は土間や壁面を左官タイル仕上げするのが一般的でした。そのタイルに大きなひびが入っています。


タイルの下地はモルタルの左官塗りで成形されています。モルタルはコンクリートの一種ですので硬質です。しかし耐久力を超える揺れが襲ったのです。


もしシステムバスのような樹脂製品であれば、その柔軟性が地震エネルギーを逃がし吸収するので、こうはならなかったと思われます。


ここまで大きく割損すると、部分補修は難しく、少なくとも壁面は全面張替えをしなければ、元の通りのタイル壁面を回復することはできません。

キッチンの壁面に貼られているタイルはボンド付けされているだけなので、地震の被害として剥がれても、原状回復は簡単で被害は軽微な部類に入ります。
大阪北部地震で室内各所にひび割れが起き、柱と壁面に生じた隙間と、被害状態から家屋の強度が保たれているかどうかが心配になります。
大阪北部地震で室内各所にひび割れが起きると心配になりますが、クロスの表面が割れた程度であれば、深刻な強度低下につながっているとは断定できない。

キッチンを見てみますと、パネルに張られていたタイルが剥がれ落ちています。これはタイルボンドで張り直すことができますので安心です。


次に和室を見せてもらいますと、柱と壁面に大きな隙間ができてしまっています。元々密着していたと考えられますが、隙間を埋めるか壁をやり直すかになりそうです。


廊下の壁面に張られたクロスにもひび割れが入ってしまっています。

大阪北部地震の影響で玄関外のタイル仕上げのたたき土間が沈下して、支柱と石基礎の間に隙間ができてしまった。

玄関先に軒屋根が設置されていまして、その支柱が土間タイルの上に建っています。


これをよく見ると下がってしまっています。


土間が沈下したことで、土台の石と支柱に隙間ができてしまっています。


これは結構重症な被害です。屋根を浮かせて土間タイルを作り直す必要があります。

高槻市で大阪北部地震の被害を受けたお宅では、屋根の他にベランダとバルコニーの土間および立ち上がりにクラックが入ってしまい、強い雨の時は雨漏りが心配される状況になりました。

2階のベランダに上がらせて頂くと、土間に亀裂が入っている事がわかりました。正確には土間ではなく立上りと呼びます。


土間ではなく立上りであること、バルコニーではなく、屋根があるベランダである事も救いです。まだ雨水が入りにくいからです。


もしこれが、雨に晒されるバルコニーで、土間に亀裂が入っていたら、直接水分が侵入していこうとしますので、雨漏りに直結します。


しかし屋根があるベランダであっても、モルタルの亀裂は埋めて、雨水の侵入経路を断っておく方が、内部漏水の進行を回避できますので賢明です。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宝塚店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-557-325