オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高槻市で屋根に地震の被害が出たお宅で外壁にも多くのひび割れが


屋根だけにとどまらず、外壁にも多くのひび割れが生じたお宅の実例です。

外壁のひび割れからは、屋根と同じくらい雨水が侵入して雨漏りします。

長期間放置すると家に深刻なダメージを与えるひび割れも修理が必要です。

地震に遭遇しなくても外壁には小規模なクラックが生じている事が多い
モルタル外壁のクラックはモルタルの乾燥と振動が原因で生じrつ事が多い

クラックとはひび割れの事を指します。お家の外壁にこんな感じのひび割れが出来ている状態を見たことがある方が多いと思います。


日ごろから外壁をよく観察する習慣のある方は気付かれていると思いますが、普通はうちの外壁にクラックが入っているとは思いません。


しかし結構普通にクラックが入っているものです。騙されたと思って一度お宅の外壁を地上から見える範囲で確認してみて下さい。

今回の高槻市のお宅では大阪北部地震の大きな揺れエネルギーに襲われました。震度6弱ですから、高槻市は阪神淡路大震災の時よりもきつい揺れを経験しました。


震度6弱の地震エネルギーはこのお宅の外壁に多くのクラックを生じさせました。被害はクラックにとどまらず、モルタルを剥離させています。


打診棒で打刻診断をすると、モルタルがラスとともに下地の木材から浮き上がっている時の特有の空洞感を感じる音がします。


地震などに因る大きな揺れエネルギーが加わると、モルタル外壁だけでなく、窯業系サイディングなどもクラックが生じてしまう事があります。


クラックが生じる原因は揺れだけではありません。乾燥、湿潤を繰り返した結果、伸縮が伴いますので、やがてクラックが生じることになります。

地震で生じたモルタル外壁のクラック
モルタル外壁のクラックの特徴は、異なる部位と部位を繋ぐように入っている
モルタル外壁のクラックは異なる構成要素が接する場所で顕著に起きている

このお宅の外壁を点検して回ると意外な事実が判りました。屋根の被害箇所の直下の外壁にクラックが生じているのです。


一般的にクラックは壁と壁の取り合い部分やサッシ窓の角部、基礎との取り合い部分など、異質なものが接合している部分に多く起こります。


その特徴も去ることながら、外壁の南面、西面に多く起こっていて、その真上の屋根にも同じように損傷が見られる特徴があったのです。

大阪北部地震はしっかり築造されたブロック擁壁も揺らし、地盤が緩む分だけ建物が揺れてクラックが入る結果となった

地震エネルギーが伝わっていく経路の解析は研究機関で実験するほかなく、学術的な解析は無理ですが、観察によっておおよその理解は可能です。


宅地が1.5m程度盛り土によってかさ上げされています。南側と西側は基礎ブロックの擁壁で土留めされていますが、谷方向に緩んだ可能性が濃厚です。


東側と北側は、隣家と接していて、互いの地所を支保し合っているので、揺れ方が穏やかだったと考えられ、外壁、屋根共に被害がほとんどなかったと推定することが出来ます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宝塚店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-557-325