オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

宝塚市K様ご所有マンション屋根工事2日目は工事見送り


昨日は午後12時30分ごろから、雨がパラパラと降り始めました。額にポツンポツンと当たる程度でしたので、屋根のルーフィングシート敷設作業も、足場の養生シート張り作業にも支障が出ませんでしたが、次第にきつくなってきましたので夕方までの作業は不可能でした。
本日は朝方まで雨が残りましたので、ルーフィングシートを乾燥させる必要があるために、カバー工事を順延しました。ルーフィングシートを施工済みですから屋根の下地は濡れるわけもありませんし、屋根材を葺きはじめても少々の水分は十分に抜けていきますが、最善を尽くそうとのことで順延しました。
片面粘着層つき改質アスファルトルーフィング「カスタムライト」
昨日敷設したルーフィングシートが濡れていることと、濡れた状態で仕上げの屋根材を葺きあげていくのは芳しくないので、本日の工事はキャンセルしましたが、現場の確認作業だけは怠らずにしました。
改質アスファルトルーフィング「カスタムライト」を密着させる
昨日からの風雨の影響ではありません。密着不足の箇所がありましたので、しっかりと密着させておきます。
アーチ状屋根の西側軒先から棟を望んでルーフィングの密着状態を確認
片面に粘着層がついている改質アスファルトルーフィングは、粘着層の粘着力が相当強力です。
そして熱が加わると自着していく性質があります。この季節(春先)の太陽熱でも十分に自着していきますので心配はありませんが、念のために密着させておきました。
アーチ状屋根の東側軒先から棟を望んでルーフィングの密着を確認
東側も同様に軒先から改質アスファルトルーフィングの張り重ね部分を低いアングルから確認しておきます。
昨夜からの風で捲れあがったりした形跡もありません。水分も侵入していないでしょう。確認作業をしておくと安心することができます。
足場メッシュシートの乱れは作業員の安全性を損なう
昨夜からの雨は風も伴い、結構強い風が吹いていましたので、工事予定はキャンセルも、足場の異常や養生シートの乱れがないかどうかは、雨がやみ次第確認しました。
そこそこ強い風でしたが、台風養生や強風養生をするほどの風ではないと判断していましたが、やはり気にはなるものです。確認しておけば安心です。
階段大屋根塗装に必要なステージア足場の設置状態
こちらも昨日架設したステージ足場です。居住者のみなさまの通行に支障がないか、もう一度通ってみて確認しておきます。幅員は80cm以上が確保できています。
階段大屋根の裏側塗装に必要なステージ足場の高さ確保
高さは180cmを確保していますので、170cmの私では普通に通行することができます。しっかりとクランプで固定していますが、何かのはずみだとか、誰かの仕業で緩んでいないかも確認します。
屋根カバー工事に絡む有益な情報をお伝えすることはできない1日ですが、屋根工事、塗装工事業者として、このような現場管理作業は重要な作業です。お施主様に代理して現場を守る義務があります。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宝塚店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-557-325