オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

宝塚市マンション屋根カバー工事から雨漏りしにくい立平の優秀性を見る


宝塚市のマンションでJFEライン立平333のカバー工事をしました。

立平によるカバー工事のポイントを見ると、屋根剛性が高いことが解ります。

雨水の侵入を許さない立平の設計構造と、棟構造は雨水が侵入しない事も解ります。

片流れ屋根に立平333が葺かれている傾向が強く、緩勾配という共通点もある

近年片流れ屋根形状で、立平葺きの屋根が多く見られ、一種の流行とも思える傾向を感じます。


流行的によく見る片流れ屋根の特徴は、極めて勾配が緩い「緩勾配屋根」であることが解ります。


片流れ屋根はその構造上の理由から、雨漏りしにくい点で合理的な屋根形状と言える屋根です。


片流れ屋根であり、しかも緩勾配の場合、お約束のように立平333で屋根が仕上げられています。


どうしてJFEライン立平333が多く採用されているのでしょうか。その秘密を解き明かします。

屋根を横方向(桁方向)で見て行くと、嵌め合い設計に基づく縦リブがおよそ333mm毎に存在します。

JFEライン立平333のカタログを見てみると、完成された屋根の施工例を見ることが出来ます。


2枚の施工例がカタログに掲載されていますが、片流れ屋根、切妻屋根の施工例に大きな共通点があります。


屋根を横方向(桁方向)で見て行くと、嵌め合い設計に基づく縦リブがおよそ333mm毎に存在します。


次に屋根を縦方向(妻方向、水流方向)で見て行くと、屋根最頂部から水下の軒先まで継ぎ目がありません。

立平は縦方向で継ぎ目がない事から、極めて緩い勾配でも採用可能で、5/100勾配まで耐えられます。

雨水が流れる縦方向(妻方向、水流方向)で雨水が入ることがない構造を立平の設計が示しています。


縦方向で継ぎ目がない事から、極めて緩い勾配でも採用可能で、5/100勾配まで耐えられます。


縦方向における最大の長さは12mまで可能になっているので、マンションの屋根にも十分使えます。

 

立平のリブの嵌め合いは、最後にフットロックして行くと完全に隙間がなくなる

完成された屋根の施工例写真から縦方向(妻方向、水流方向)には、立平の継ぎ目である縦リブがあります。


縦リブは立平を嵌め合い接合するために設計された突起で、約25mmの高さの雄突起が、雌突起に嵌め合います。


(雄雌との表現は淫靡ですが、立平の雨漏りしにくい構造を説明するための慣用表現としてお許し下さい。)

縦リブは立平を嵌め合い接合するために設計された突起で、約25mmの高さの雄突起が、雌突起に嵌め合います

立平は、横方向(桁方向)で狂いなく接合させるために設計されており、公差はミクロン単位であり接点は密着します。


密着している横方向(桁方向)の接合点では毛細管現象が起きにくく、雨水が入り込む余地は極めて少ないものです。

立平の棟内部へは貫板に装着したエプロンが遮水する

棟の構造を実際の工事から見てみましょう。棟包み板金を設置する前が一番わかりやすいと思います。


リブの高さが約25mmありますので、この上に棟包み板金を被せると、25mmの隙間が出来ます。

立平の水上は本体を立ち上げて水返しを作っておくと棟内部に雨水が入らない

ここから雨水が吹き込ん出来ることがないよう、ケミカル面戸やエプロンを装着して遮水しています。


立平本体も、棟芯の追い当て部分を立ち上げていて、万一雨水が吹き込み、流れ込んでも堰き止めています。

軒先の水切り板金唐草を、ハゼ折り機で曲げた立平の先端が掴むので、軒先からめくれることはなく、その強度も飛躍的に上がる。

最も水下を軒先と言いますが、軒先は折り曲げて、水切り板金の唐草に巻き込んでいます。


唐草は屋根の下地に直接ビス止めします。その間隔は450mmピッチで打ち込んでいます。


唐草の固定強度は十分で、材質もガルバリウム鋼板ですから腐食する事はありません。


唐草に巻き込まれた立平を剥がすには、ハゼ折り機がなければ不可能です。人力や風では無理でしょう。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宝塚店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-557-325