オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

宝塚市マンションで外壁タイル干渉目地のコーキングを再施工した


宝塚市マンションで外壁タイルのコーキングを再施工します。

コーキング打ち替え工事後にコーキングを浮かせる正体は雨水でした。

のちに検証しなければ判らない部分から外壁内部に雨水が入り続けていたのです。

一連のいきさつは過去のブログで紹介していますので詳細はご参照ください。

新設して間もないコーキング表面に気泡が出来る理由は、内部の水分による水圧または蒸発した気圧で生じることになる
外壁干渉目地に打ったポリサルファイド系コーキング打設後すぐに水が出る異常状態は、外壁内部に相当雨水が入り込んでいることを示す

一般的に雨漏りと聞けば屋根や屋上に不具合や経年劣化が発生して起こるものと考えます。


外壁から雨水が入って雨漏りする事があるのかと疑問に思うと思いますが、よくある症例です。


宝塚市のマンションは、外壁塗装、コーキング打ち替えなどのメンテナンスを20年以上行っていませんでした。


外壁はチョーキング現象を起こし、コーキングは劣化して剥離している状況での外装工事です。


塗料による保護を狙うため、外壁塗装前コーキングの打ち替えを済ませてしまう事は、外装工事の定石です。


そのコーキング打ち替え工事の2日後に、仕上がり具合を点検したところ、水分による気泡が出来ていました。


気泡が出来た部分の補修をするために真新しいコーキングを切除すると、なんと水が出てきました。


これはコーキングを打ち替えた外壁タイル干渉目地以外の場所から雨水が入っている事を示しています。


(コーキング打ち替え工事の翌日に雨が降りましたので、仕上がり点検は2日後です。)

外壁干渉目地各部に打設されたコーキングが劣化しているので、撤去して新設します。増し打ちは効果がなく無駄な工事になります。

真新しいコーキングを浮かせてしまう雨水はどこから入ってくるのかを点検によって検証しました。


雨水は上から下へ流れ落ちてくるので、コーキングを浮かせた場所より上である事には変わりません。


これより上の外壁タイル干渉目地もコーキング剤を打ち替えていますので、雨水が入ることはありません。


新しく打ち替えたタイル干渉目地コーキングを浮かせた場所は、マンションのバルコニー外壁でした。

外壁本体とタイル接合部の干渉目地コーキングを撤去新設してもまだ雨水が入り続けていた。

バルコニーの構造を観察すると、外壁天端にはタイル仕上げの外壁と内壁には落差がありました。


この落差は設計構造上によるもので、躯体のH形鋼を挟んだ内外壁接合部のコーキングも打ち替えています。


外壁内部に雨水が入る場所は、45二丁モザイクタイルの接合部を埋めるモルタル目地に絞られました。

外壁内部に雨水が浸み込む箇所を確認していくと、タイル目地の何箇所において、亀裂や欠損が見られました

外壁タイルは一定規格の下で設計し製造されていますが、多種多様なニーズに合わせて供給されています。


寸分の狂いなくタイル同士を突き合わせても、精密機械ではないタイル接合部にはミクロン単位の隙間が残ります。


その隙間は、セメントを練った粒子のきめ細かいモルタル質の形状柔軟性があるタイル目地材が埋めます。


セメント質で耐久性が高く硬質な目地からの浸水もあり得ましょうが、存外に多い物とは考えられません。

外壁本体とタイル接合部の干渉目地コーキングを撤去新設してもまだ雨水が入り続けていた。

そうするとタイル目地の性質が主因ではなく、雨水を供給し続ける構造が主因であると考えました。


バルコニー外壁天端を観察すると、落差がある外壁タイルの天端は水平面を構成しています。


ここに降り注いだ雨水は、強風で吹き流されない限り自然蒸発を待ちますが、その前にタイル目地が吸収します。


それを克服するために、バルコニー外壁天端に大量のコーキング剤を打設して傾斜面を造ることになりました。


これはコーキングに気泡が出来た後の処置でしたので、それより下のコーキング剤は再施工を迫られました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宝塚店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-557-325