オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

宝塚市マンションでベランダ側のコーキング打設箇所からも水が出た


宝塚市のマンションで大規模修繕を行っています。

共用廊下内部の干渉目地に続き、バルコニー外壁側からも水が出ました。

雨漏りだらけの様相の外壁、どこから雨水が入り込んでいるのでしょうか。

 

外壁干渉目地各部に打設されたコーキングが劣化しているので、撤去して新設します。増し打ちは絶対ダメです。

45二丁のモザイクタイルで仕上げられた宝塚市の賃貸マンションで大規模修繕工事を行っていました。


タイル仕上げの外壁にはおよそ3メートル間隔で、縦横に干渉目地が設けてあり、そこにコーキングが打たれています。


このコーキングも20年以上打ち替えられていないので、シール効果はなくなっていることは解っていました。

外壁干渉目地各部に打設されたコーキングが劣化しているので、撤去して新設します。増し打ちは効果がなく無駄な工事になります。

今回の大規模修繕工事で、外壁各部に設けられた干渉目地のコーキングは撤去打ち替えをしていたのです。


外壁の干渉目地にはポリサルファイド系コーキング材が適していて、昨日打設し直したところでした。


今日は打ち替えたコーキング材の仕上がり具合を確認していたのですが、気泡が出来ていることに気付きました。

新しく打設したコーキングはへら押えして行き、隙間内部まで完全に充填していく

古いコーキング材を撤去して新たに打設し直す時、目地内部に空気が残らないようにへら押えをしていきます。

コーキングはへら押えを始める端と、終わる端が、最も空気が残留しやすい箇所と言うことになる

へら押え作業はコーキング打設箇所の一番端から順次押さえて行き、反対側の端まで押さえたら完了です。


つまるところ、へら押えを始める端と、終わる端が、最も空気が残留しやすい箇所と言うことになります。

外壁干渉目地に打ったポリサルファイド系コーキング打設後すぐに水が出る異常状態は、外壁内部に相当雨水が入り込んでいることを示す

しかし気泡が出来た箇所は、へら押えをしている干渉目地の中間位置であり、空気が残りにくい場所でした。


コーキング職人さんのへら押えが不十分であったのか理由は解りませんが、とにかく部分補修が必要です。


そこで気泡が出来ている部分のコーキングを切って撤去して見たら、水が流れ出てきました。

バルコニー外壁タイル天端境界の干渉目地もコーキングを新設した

コーキング職人さんのへら押え作業に問題があった訳ではなく、出てくる水分に原因があることが判りました。


コーキングを打設する干渉目地内部に水分があるとどうしてコーキング表面に気泡が出来るのでしょうか。


干渉目地内部に含んでいる水分が入り込んでいるであろう天端から1メートルほどの位置で気泡が出来ています。

バルコニー天端からジワジワ入っている雨水は、コーキングに気泡が出来る場所で止まり、その水分量が膨らませる

バルコニー天端からジワジワ入っている雨水は、コーキングに気泡が出来る場所で止まり、その水分量が膨らませると思われます。

また暑さが穏やかな初夏の気候でも、日照で温められた外壁の内部では、水分が気化し始める状態にあります。

外壁内部に入り込む水分は、水または水蒸気として、新たに打設したばかりのコーキング表面に気泡を造っていました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宝塚店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-557-325