オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

西宮市T様邸で起きたリビングルームが水浸しの雨漏り原因候補


リビングルームの雨漏りはバケツで受けてぞうきんで拭きあげる応急処置をして晴れ間を待ちます

屋根のあるベランダや屋根がないバルコニーは建物から突出している構造、建物内部に設けられている構造のものに分かれます。


西宮市T様邸のバルコニーは、前者と後者の構造の折衷構造にあります。バルコニーの一部がリビングルームの屋根を形成しています。


そんな構造のバルコニーのFRP防水が割損していましたので、亀裂からの浸水はリビングルームの天井を直撃し、バケツが必要なほどでした。

リビングの真上で屋根の働きをしているバルコニーの防水能力が落ちて雨漏りが始まった

居室の上にバルコニーがある構造のお宅は、防水が命です。絶対に雨漏りしないように日ごろからの観察や点検が欠かせません。


ちなみにベランダには屋根があります。屋根がないものをバルコニーと言います。屋根があれば雨水の侵入確率は下がります。

バルコニー外壁に設置されたアクセントの幕板天端から雨水が侵入することがある

<バルコニー外壁の幕板>


バルコニー外壁にはリシン吹き付け壁面にアクセントになる幕板が張り巡らされています。


この幕板は窯業系素材で、リシン吹付壁面の上から張り付ける構造にあります。幕板の天端は水平で約15mmの厚みがあります。


僅か15mmの天端面が雨水を受けます。リシン吹付壁面との境界はシーリングされていますので、雨水は幕板の外側へ流れ落ちます。


もし境界のシーリング効果がなくなっていたらどうなるでしょうか。幕板取り付けの釘に伝う雨水は、釘穴から侵入します。

リシン吹き付け仕上げの外壁が劣化すると雨水を吸収しやすくなりますので、意外な雨漏り原因になることがよくあります

<外壁塗装>


次に外壁を観察します。特にクラックやひび割れがない健常な外壁です。しかし新築当時から一度も外壁塗装をされていません。


リシン吹付壁面の下地はモルタル仕上げです。モルタルは水分を吸収します。


リシン吹付壁面の防水効果が落ちていると、吸収した水分が建物内部に達する確率が高まります。


しかしただちに内部漏水につながるわけではありません。


モルタル外壁の下地には防水紙が入っていますので、遮水されます。


防水紙はあくまで2次防水ですので、1次防水のリシン吹付されたモルタル外壁の防水能力を保つべきで、定期的な外壁塗装が望まれます。

笠木の継ぎ目は雨水侵入箇所ですのでジョイント材が入っているかどうかが重要です
笠木と外壁との接合点には隙間を埋めるコーキング材が充填されています

<バルコニー外壁の笠木>


笠木とはバルコニー外壁の天端が露出していると、その木口から浸水する可能性が残りますが、コの字型の金属を被せると塞がれます。


しかし笠木には継ぎ目が存在します。その継ぎ目の防水能力が保たれているかが重要で、建物との継ぎ目も同様に重要です。


笠木の継ぎ目はジョイント材が機能しているか、建物との継ぎ目はコーキング材が機能しているかを確認します。

こちらのお宅の雨漏りはバルコニーのFRP防水層が割損していたことと原因がはっきりしていますので、先述の候補箇所からは雨漏りしそうな雰囲気はありません。


ただし可能性として捨てきれないということですので、あくまで雨漏りの代表的な箇所としてお考え下さい。うちは大丈夫かなと思われる方は、ここを重点的に観察してみてください。


観察のほかに触診してみるとわかりやすいです。局部的に見たり、総体的に見たりと、視野も変えて見てください。何か違和感を覚えられるようであれば、街の屋根やさん宝塚店へご相談ください。無料で点検をさせていただきます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宝塚店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-557-325