オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

ジンカリウム鋼板エコグラーニを施工する留意点を現場から紹介


谷板金、スターター板金、断熱材

ジンカリウム鋼板エコグラーニを今日から葺きはじめて行きますが、屋根材本体を敷き込み始める前に、いわるゆ「水切り板金」と呼ばれる部材を取り付けていきます。


まずは軒先の水切り板金である「スターター板金」を屋根全周囲にわたって取り付けていきます。スターター板金は唐草板金と同じ性格のものです。このときに注意しなければならないのが、屋根の頂上ラインに対して忠実に水平を出すことです。水糸や墨出しによる基準線を設けて、屋根頂上部の棟芯からの距離で判断していきます。これを怠っていい加減にすると、極端な場合は、斜めに葺き上がってしまい、不細工な状態になるからです。


そしてもう一点、実はこれが大きなポイントですが、昨日までに敷き込んだアスファルトルーフィング材の軒先部分を少し捲り上げて、先にスターター板金を設置して、その上にアスファルトルーフィング材を被せます。万一仕上げの屋根材エコグラーニの隙間から雨が侵入した場合、アスファルトルーフィング材の上を雨水が流れ落ちてきますが、その水分がスターター板金の下に潜り込み、野地板や垂木の先端部分を濡らし、毛細管現象によって屋根を構成する小屋裏の躯体を痛めてしまうことになるからです。

スターター板金、エコグラーニ本体
スターター板金の設置が終わりましたので、いよいよエコグラーニ本体の重ね葺き作業に入ります。ここにも断熱材を必ず敷き込んでいきます。最初の1枚目はもちろん軒先からです。
エコグラーニビス打ち

ご覧のようにスターター板金にエコグラーニの下端を引っ掛けたうえで、パッキン付きの専用ビスで固定していきます。強固に固定されてどんな風にあおられても剥がれてしまうことはありません。

横方向の継ぎ目はメーカー標準施工要領に従って、十分な重ね代を確保して張り継いでいきます。継ぎ目の下側に来る材料の端部(材料の左端)には雨返しの凹凸がありますので、雨が侵入する心配はなく安心です。


エコグラーニはジンカリウム鋼板単体の屋根材ですが、本体の金属板に天然石粒が表面に接着されている構造ですので、専用丸鋸で必要寸法に切断するときに、金属片と石粒が飛散します。


飛散を防止する機能のある「集塵丸鋸」を使用しますので、作業場所を汚損したり、ご近所様から苦情がでるようなことはありませんが、作業員の目に入ると危険ですし、作業工程に支障をきたしますので、防護眼鏡を装着して切断作業をします。

エコグラーニ2段目を敷設

屋根材の上端部は、さらに上段の屋根材に引っ掛け重ねられて隠れてしまいますが、この耳の部分に1尺(30cm)ピッチでビス打ちをしていきます。


素材はステンレスですので、湿潤な空気に晒されても丈夫で長持ち。多湿な夏場でも凍てつく冬場でも難なく持ちこたえます。

エコグラーニ谷部の施工状態

谷部分の納まりイメージはご覧の通りです。谷の中心から一定間隔を確保して、寸分たがわず木口をそろえて張り進めます。右側からも屋根材が登場して、谷の中心を基準に両者が出合います。

エコグラーニ隅棟部

隅棟の部分の施工方法も、谷部分と考え方は同じです。違う点は最終的に棟板金という役物で覆われて隠れてしまうことですが、見えないところもきちんと丁寧な作業をします。


本日は3分の1程度張り進めることができましたが、日没近い時間になりましたので、道具の片づけ、屋根の上の清掃をしてブルーシートで養生をします。お客様の敷地内も掃除を済ませて作業終了です。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宝塚店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-557-325