オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

雨漏り屋根からだけではなく外壁などからも雨漏りします。


雨漏り調査は建物全体を俯瞰し、目線を局部的に変化させる

まずは外壁に大きな損傷箇所がないかどうかを確認します。損傷がない状態が普通ですが、強風時に飛来した物が外壁を直撃したけど、外出中だったので自覚していなかったというケースもあります。

屋根と外壁で、全てが覆いつくされている建築物はないと言っても過言ではないでしょう。かならず住む人が出入りする玄関や、外の空気を取り入れる窓、緊急時に飛び出すことができるような掃き出しのサッシ窓、各部の換気扇の流出入口、エアコン配管の取り入れ口、勝手口など「開口部」と言われる箇所があります。そこから雨水が侵入することが多いのです。

玄関は下屋で守られているが、天端は雨漏りの原因になることもある
玄関
サッシ窓の上端は雨漏り注意箇所のひとつ
サッシ窓
勝手口の周囲にもコーキングが施されており、切れてくると雨漏りが始まる
勝手口
掃き出しのサッシ窓の上端は雨漏り注意箇所の一つ
掃き出し口
排気口の上端もコーキングが切れると雨漏り箇所になる
換気フード

コーキングされている各部を見ましたが、築5年でもありほとんど正常な状態にありました。しかしすでにコーキングが亀裂を始めている箇所がありました。

バルコニーやベランダの手すり天端に被せられているカバー資材で、金属製、樹脂製などバラエティーに富む

笠木とは、ベランダやバルコニーに、手すりや転落防止のために設けられた外壁の天端を水分の侵入から保護するための板金仕上げや役物のことを指しています。


水分の侵入から保護する板金や役物であっても、その合端口(接合部分、取り合い部分)は、水分が侵入してくることが無いようにシールするためのコーキングが施されています。

笠木と外壁の接合部分のコーキングが切れているので内部漏水が進行している可能性がある

ご覧のとおり、笠木と外壁との合端口(接合部分、取り合い部分)のコーキングが切れています。これでは水分の侵入を防ぐためのシール効果がなくなっています。

ささいなコーキング切れですが、雨水が侵入して内部漏水は進行しているはずです
バルコニー外壁に設けられたデザイン空間の下端にもコーキング材が打たれていますが、そこが切れ始めています。

ごくわずかなコーキングの亀裂ですが、ここから雨水などの水分が侵入すると、下地の木材に水分が到達して、木材が水分の吸収と発散を繰り返します。やがては木材が腐食して強度を失ってしまいます。

家の躯体は材料が連続しているので、雨漏りで腐食すると躯体の強度が極端に落ちることになるのです

このお宅でも2階のルーフバルコニーは、1階からの支柱が延長されて、手すり、壁面の最上部まで構造材が到達するように設計されています。

ですから2階のルーフバルコニーの下地である木材が腐食されると、お宅の構造材までもが弱ってしまうのです。

観察するとコーキングに亀裂が生じている箇所は多くありません。東に面していて、朝日を強く浴びている箇所が顕著であるだけです。そのコーキングに亀裂が生じている箇所だけを補修すれば十分です。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宝塚店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-557-325