オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大屋根を葺き替えたお宅の下屋は瓦屋根隅棟の積み直し工事です


下屋の隅棟を開けてみると漆喰は乾燥してバラバラになっており防水機能は完全に失われている
下屋の隅棟の漆喰はきれいに取り除いて清掃したので、新しい漆喰を詰め直していく

1階と2階の中間にある屋根を下屋という言い方をよくします。下屋も屋根であることに変わりはありませんが、大屋根のように立地条件や屋根の形状によってはほぼ全方向からの日射や風雨の影響を受けることはありません。


大屋根に比べて下屋は劣化があまりみられないことがよくあります。このお宅の下屋もかなり良好な状態でしたので、隅棟(下り棟)だけを積み直しすることになりました。


大屋根の棟と同じように棟瓦を止めつけている釘と面戸の漆喰にだけ経過年数なりの劣化が確認されました。釘は浮いている箇所もあり、ほぼすべて錆びています。


漆喰はほぼその防水機能を果たすことができないほど乾燥と収縮、半分以上が流出していますので、漆喰は詰め直しが必要です。

まずは棟瓦を外します。葺き土と貫板が見えてきました。ほとんど雨水の侵入がなかったのでしょう。葺き土も貫板も問題ない状態です。

古い漆喰はこてなどの道具を使って丁寧に撤去します。

新しい漆喰を隅棟の貫板に適量を塗布していきます
葺き土と貫板をこのまま使用し、この上から新しい漆喰を塗って仕上げます。漆喰は塗りすぎてはいけません。

棟瓦からはみ出るほど塗ってしまうと、排水機能が損なわれてしまいますので、適量の塗布が求められます。
漆喰の塗布が終わった下屋の隅棟

漆喰は葺き土と貫板との密着性能も大切で、漆喰に含まれる水分量と練り方で全くその性能は変わってきますので、熟練職人の腕が試されます。

面戸の漆喰を塗りすぎると排水性能が落ちて棟の内部で雨水が滞留し雨漏りに発展する可能性が高く注意を要する
隅棟の棟瓦も軒先(水下)から水上に向かって葺いて行く
棟瓦の固定は釘ではなくパッキン付きのステンレスビスを使用する

少しのオープンタイムを取った後、元通りに棟瓦を積み直していきます。積み直しが終わると、釘ではなく今回はステンレス製ビスで固定します。ステンレスは錆びませんし、締め込まれたビスは風圧では抜け上がることはありません。


ビスの根元にはゴムパッキンが付いていますので、ビスとビス穴の隙間から雨水が侵入することがありません。これで屋根工事は完成です。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宝塚店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-557-325