オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

西宮市で屋根、雨どい、板金修理が必要な方、数日で調査、対応します


2018年は大阪北部地震、西日本豪雨、台風12号、20号、21号、24号と近畿地方は災害続きでした。

西宮市でも、特に屋根被害が多すぎて、未だ屋根修理が終わっていないお宅が多いのが現実です。

屋根修理業者が来てくれない、対応してくれない、いつくるか分からないで困っている西宮市の方は、街の屋根やさん宝塚店へお問合せ下さい。

瓦屋根修理、カラーベスト屋根修理、トタン屋根修理、ガルバリウム鋼板屋根修理、雨どい修理、棟板金修理、ベランダ波板、テラス波板、屋上防水、ベランダ防水、雨漏り修理など、外回りに関するお悩みを解決します。

西宮市でも2018年の台風は多くの屋根に関する被害を出しました。街の屋根やさん宝塚店へお問合せ下さい。 瓦屋根修理、カラーベスト屋根修理、トタン屋根修理、ガルバリウム鋼板屋根修理、雨どい修理、棟板金修理、ベランダ波板、テラス波板、屋上防水、ベランダ防水、雨漏り修理など、外回りに関するお悩みを解決します。

2018年の近畿地方は大阪北部地震に始まり、西日本豪雨、台風12号から24号まで、多くの人々に災いがおよび、苦難を強いられました。


街の屋根やさん宝塚店には、今もなお「台風の被害でベランダ屋根の修理が必要」「雨どいが外れてしまったまま」「業者が来てくれない」などお困りの声が寄せられます。


昨年秋の台風からは、およそ半年以上が経過していると言うのに、このようなお問合せが入ることに心が痛みます。


これは屋根被害が多かった証左にほかなりません。街の屋根やさん宝塚店は、屋根に関する修理が終わらず、心配をかかえたお客様のご不安を解消します。

西宮市で屋根工事を担当する街の屋根やさん宝塚店の職人は50年の経験を持つベテラン大工さんです。

建築工事は様々な工種の専門職が分業体制で携わり、屋根工事であれば、瓦職人、屋根職人、板金職人、漆喰左官職人などが分業します。


家を完成させる過程においては、基礎コンクリート工事をする前の土工職人、型枠職人、鉄筋工、天端均しの左官職人から始まります。


基礎が完成すると「建て方」という家の躯体として一番重要な工程に入ります。ここから陣頭指揮を執って、全ての工程に采配を振るうのが大工です。


全ての職人が指揮者、英語でコンダクターと呼ばれる大工が指揮棒、タクトを振るいながら、一生に一度の買い物である家の完成へ導きます。


大工歴50年で、様々な被害症例、被害事例を見てきたベテラン中のベテラン大工が、街の屋根やさん宝塚店に託される屋根の修理工事を行います。


家を建てることに50年以上携わってきた街の屋根やさん宝塚店の大工は、家の弱点を熟知した見地で修理工事をします。


単に瓦専門、板金専門、防水専門というだけでなく、50年の間に見てきた症例、事例、実工事の品質経験を背景としています。

西宮市で屋根修理工事を担当する街の屋根やさん宝塚店の職人は大工歴50年の職歴から、内部漏水をしない屋根修理工事を行います。

街の屋根やさん宝塚店の大工は、カラーベストの部分修理を熟練の技をもって修理します。無思慮な作業では、屋根内部の雨漏りが止まらず家を傷めます。


剥がれたカラーベストを修理するときは、割れて残存しているベストを引き抜きますが、新しく差し込まれるカラーベストの内部処置が最も大切です。


内部処置が不完全であると、屋根材内部を伝い上がる雨水が、野地板の釘穴に到達して内部漏水しますので、家の構造を熟知した修理作業が求められます。

西宮市で屋根瓦の修理を担当する街の屋根やさん宝塚店の職人は大工歴50年のベテランで、台風21号で被害を受けた瓦屋根を何軒も修理してきました。
西宮市で瓦屋根被害の修理が終わっていないお宅様は街の屋根やさん宝塚店へお問合せ下さい。大工歴50年の職歴を持つ職人が安心できる完璧な工事でお悩みを解決します。

猛烈な暴風は瓦屋根の棟を崩すことを台風21号に思い知らされました。風圧で棟が崩れた場合や、飛来物が衝突して崩れた症例もあるでしょう。


陶器でできた屋根瓦は1枚何キロもあるというのに割れてしまうと言うことは、相当重たい物が飛んできて当たったと考えられます。


飛んできたものが屋根に衝突すると、棟の熨斗瓦、紐丸(冠瓦)、平瓦が割れます。割れた瓦は剥がれ落ち易くなりますので、それが下屋根(下屋)に落下して被害が拡大します。


強風被害(風災)を受けた瓦屋根は部分修理で済む場合が多く、特殊な瓦でない限り、比較的短期間での修理が可能です。


棟の積み直しは、熨斗瓦、紐丸(冠瓦)があれば、修理は簡単です。棟の熨斗積みをやめ、7寸の冠瓦で仕上げると施工費は安くなります。


ケラバ袖瓦、軒先マンジュウ瓦の葺き替えも、梯子を架けられる状況であれば、足場を掛けることなく工事は可能です。

西宮市でトタン屋根が台風被害を受けたままのお宅様は街の屋根やさん宝塚店へお問合せ下さい。大工を50年以上やってきたベテラン職人が安心施工をします。

強風でトタン屋根がめくれてしまうことがしばしばあります。めくれるのは古いからではなく、表面の錆が進行して屋根強度が落ちていたからです。


一定期間でトタン屋根の塗装をしていると、下地の野地板や垂木が傷むこともなく、たとえ古くても強風に持ちこたえていたでしょう。


しかしめくれてしまった今、そんな議論は意味を成しません。傷んでしまった屋根の下地まできちんと修理をして、安心できる屋根にしなければなりません。


この場合は構造用合板を用いて屋根を補強します。国土交通省が構造用合板を躯体の一部として扱うことを認めていますので安心です。

西宮市で雨どいが脱落したままで工事が進んでいない方は街の屋根やさん宝塚店へお問合せ下さい。即日調査の上、早ければ数日以内に修理完了する場合があります。

台風が過ぎ去った後、家の被害を点検していたら、雨どいが無くなっている、割れてしまっていることに気が付いた。


雨どいが壊れた位だから軽症だと思っていたが、雨が降って鼻隠し板が水浸しになっていたり、雨水が溢れ出てくる様子に焦るものです。


雨どいの役割は、屋根の表面に降り注いだ雨水を軒先で拾い集め、計画的に設けられた水勾配によって集水器に集まり、竪樋を通じて集水桝へ流れます。

西宮市で雨どいが脱落したことで雨漏りして瓦修理が必要な方は街の屋根やさん宝塚店へお問合せ下さい。大工歴50年のベテラン職人が担当し安心施工をします。

排水計画を策定し、集水桝と地中埋設配管が、雨水管(本管)に流し込まれていきます。家の敷地に自然放水されているのではないのです。


これを自然放水したら、敷地の吸水許容量を超えたときに、地盤を緩めます。法地に建っている家は、地滑りの可能性を孕みます。


このような危険性がなくとも、湿気が多い状態は、周囲にかび匂いが立ち込め、蚊が多く湧き、生活環境の悪化と、健康被害も懸念されます。


下屋根(下屋)の上の雨どいが破損すると、雨どいから溢れ出た雨水が一部に集中し、屋根材の内部に雨水が入り込みます。


数枚の瓦を剥がすと、瓦下の葺き土が湿気ていることがよくあります。これは雨水が瓦の下に回っている証拠です。

西宮市で棟包み板金が剥がれたままでお困りの方は街の屋根やさん宝塚店へお問合せ下さい。屋根修理業者の手が追い付かない中でも、大工歴50年のベテラン職人が早期に修理解決します。

強風が落ち着き始めたところで、家に被害がなかったかを確認すると、様々な物が家の周りに散乱していた事でしょう。


金属製の長い部品が庭や玄関先に落ちていて、何これ?と思われた方も多かったと思います。見慣れぬ金属片に不安を感じます。


よそから飛んできたものか、自分家のものか、それが何なのか判断さえ難しい状態です。屋根を見上げるとあるはずの物がないような気がする。


それは棟板金と言うものです。棟は屋根で最も高い位置にあるので、棟を包む板金が無くなっていることに気が付かない人は多いのです。


棟板金とは、屋根面と屋根面が追い当たる(接合する)部分を板金の役物で包み、雨水の侵入を防いでいます。


棟板金が無くなると、雨漏りする場合があります。ルーフィングシートの耐用年数が過ぎていると、内部漏水(雨漏り)が疑われます。

西宮市でカーポート屋根が壊れたままでお困りの方は街の屋根やさん宝塚店へお問合せ下さい。比較的早期に修理完了することが出来ます。
西宮市でベランダ屋根の波板や平板が割れてなくなったまま我慢している方は街の屋根やさん宝塚店へお問合せ下さい。ポリカ波板やポリカ平板だけの交換、取付だけであれば、数日以内に修理することも可能です。

ベランダの屋根は、波板か、平板で作り込まれている場合がほとんどです。古くなると強風で割れてしまいます。


愛車が雨降りごとに汚れて悩まされる、紫外線を直接受けてボディーの塗装が心配だ、近所の目もあるしみっともない。


天気が目まぐるしく変化する時は、朝出る前に干した洗濯物が濡れていないか、湿気ていないか心配が続くものです。


カーポート屋根、ベランダ屋根、テラス屋根の波板や平板だけの取付であれば、ビックリするほど早く工事が出来ます。


特殊な色調や形状、ビート、パッキン類まで揃えなければならない場合は多少の時間がかかりますが、そうでない場合は即刻解決できます。

西宮市でベランダやバルコニーの清掃を怠った結果、雨水を満々に湛えてしまい、階下の部屋が雨漏りしてしまいました。水を溜めないことが先決ですが、防水能力が無くなっている状態を解決しなければなりません。
西宮市ではベランダやバルコニーの清掃を怠って大きな水たまりと化して雨漏りさせてしまったお宅が多発しました。潜在的に防水工事が必要な状態にあったことを意味しています。

昨今の雨の降り方は極端な傾向があります。河川が氾濫するかとやきもきする程です。その降水量に耐えられず、ベランダやバルコニーから雨漏りします。


防水不良が原因なだけでなく、ドレンと言われる排水口に落ち葉やごみ、土砂が堆積して、プールのようになり、雨漏りになりました。


防水状態が十分であるのか否かを判断するのは難しいので、ご心配な方は、街の屋根やさん宝塚店が状態の判定に伺います。


本格的な梅雨や台風シーズンが到来する前に、早めに行動を始めて下さい。なにより雨漏りしないよう防水工事を完了しておくと心が落ち着きます。

瓦屋根修理、カラーベスト屋根修理、トタン屋根修理、ガルバリウム鋼板屋根修理、雨どい修理、棟板金修理、ベランダ波板、テラス波板、屋上防水、ベランダ防水、雨漏り修理など、外回りに関するお悩みを解決できずにいらっしゃる西宮市の方は、街の屋根やさん宝塚店にご相談ください。


西日本豪雨、台風12号、台風20号、台風21号、台風24号から起算しても半年以上が経過しますが、まだ屋根工事が完了していないお宅は、街の屋根やさん宝塚店がお手伝いして解決します。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宝塚店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-557-325