オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

外壁タイルの修理工事開始!タイルの斫り作業で重要な養生!


ゴールデンウィークから不安定な天候が続いていました。今週末もまた不安定になる見通しです。天気がいい日には、一気に作業を進めるために多くの職人さんたちに入場してもらいました。

KYミーティングは建築作業の基本中の基本で労働安全衛生法でも定められている

KYとは空気読めないではく、危険予知活動の頭文字が取られた名称です。作業前に本日の作業内容をあらためて確認し、予見できる危険性を洗い出して、心に留め置いて従事すると、作業事故が減ります。


人はアナログそのものです。どんなに熟練した職人さんでもヒューマンエラーを起こします。そのヒューマンエラーが労災事故につながりますので、尊い命を守るために作業前には必ず励行します。

今回のタイル修理工事の範囲はおよそ20㎡です。ワンルームマンションの専有面積程ですが、斫って出て来る廃材の総量は400kgくらいにのぼります。


無造作に斫って剥がされたタイルや目地、セメント系接着剤を2階や3階から落とすわけには行きません。


落とした時の衝撃音は耳をふさぐほどの音です。足場で囲われている内部と言えども、落下物は作業員に危険をもたらします。

建築作業の基本は養生。タイル斫り作業で落下防止のためには養生作業が欠かせません

45mm×95mm規格のタイルの重量は65グラムあります。


剥がした1枚のタイルにはセメント系接着剤も付着していますので、85グラムくらいあります。


しかも斫って剥がしたタイルの角は丸くありません。ヘルメットを被っていても直撃したら相当な衝撃で、ヘルメットが割れることもあります。


マンションの入居者のバルコニー内部を汚すことも避けなければなりません。建築資材の落下防止と汚損防止の養生は欠かすことができません。

外壁タイルの目地はサンダーを使って切断していくが、集塵機で粉塵を吸いながら進める

浮き上がって剥落の危険性がある不具合タイルを剥がすとき、タイル本体を割って破壊していくのではなく、タイルとタイルの継ぎ目である目地を切断していきます。


タイル目地はセメント系のモルタルですので、劣化しているとはいっても硬く道具がなければ、切断することはできません。


ハンマーとタガネを使えばタイル目地を切ることはできますが、途方もない時間がかかります。そこで登場するのがサンダーという電動工具です。

外壁タイル目地のようなセメント質素材を切断する時は集塵機が欠かせない

セメントやモルタル、タイルやコンクリートをも切断する専用刃を装着したサンダーは、いとも簡単にタイル目地を切って行きます。


その時には想像以上の粉塵を巻き起こしますので、建築現場の掃除機である集塵機を併用して、カッターの刃を入れて切断します。


このように気を遣っておかなければ、入居者だけでなく近隣の家屋にも切断した粉塵を巻き上げて苦情につながりますので、コンクリート系の作業では集塵機は必須アイテムです。

画像でお伝えすることはできませんが、電動工具であるサンダーが回転して目地を切る音と、ハンマーとタガネを使って外壁タイルを斫る時に生じる打撃音と振動は、日常生活にはない音と振動です。


ここはマンションです。あらかじめ入居者には通知文書を配布してお知らせし、心構えてもらいます。集塵機で粉塵の飛散を抑えていますが、洗濯物が生乾きでは汚れることもあります。


念のため洗濯物や布団干しは控えてもらうよう、通知文書に具体的に記述してお知らせしなければ、生活している方々の迷惑になります。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宝塚店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-557-325