オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

ルーフィング材、谷樋敷設作業~屋根工事はじめの第一段階~


アスファルトルーフィング敷設作業

ルーフィング材と呼ばれる防水シートを敷き詰めていきます。多くの種類のルーフィング材が手に入りますが、最も一般的な田島ルーフィング社のアスファルトルーフィングを採用しています。ベースの生地にアスファルト成分を含侵させて成形されている建材で、相当な防水性能があります。また耐熱性にも優れているため、真夏の強烈な太陽に熱せられた状態でも性能低下を起こさずいい仕事をしてくれます。ルーフィング材ももちろん軒先から張りはじめ、棟へ向かって張り進めます。

上下の重ね代は100mmを、左右の重ね代は200mmを必ず確保します。メーカー標準の施工要領を厳守することが、屋根を確実に守るためには絶対条件です。
谷樋(谷板金)と断熱材

ルーフィング材の敷き込みが終わり、軒先唐草も設置が完了。続いて谷部分の板金を敷き込みます。これは俗に谷樋と言われ、左右両側の屋根材の小口が向き合う箇所では、谷樋が最後に雨水を集水して流してくれる役割を果たします。

この谷樋の下部にも忘れずに断熱材を敷き込んでいきます。断熱材はその効果のほかに、空高くから落ちてくる雨音を消音してくれる効果もあるのです。お住まいになる方の快適な環境を作るためにも大切な建材です。

谷樋(谷板金)設置完了

谷樋の敷設が完了しました。ここで日没を迎えましたので本日の作業を終了します。

あとは屋根のうえの片づけと養生です。道具類や材料の切れ端が散乱していないかどうかの確認です。整理整頓は作業の基本です。お客様の頭の上に不要な材料を残したままにするなんて失礼はできません。

そして最後に突然の雨や夜露に備えてブルーシートで覆って養生をします。ルーフィング材を葺き終えていますから心配ないのですが、安心感が違います。

施工前コロニアル屋根
施工前の屋根の状態をちょっと振り返ってみます。コロニアル屋根材の下には、もちろんルーフィング材と谷樋が設置されています。
そのルーフィング材の状態は、コロニアルを全部はぎ取ってみなければわかりませんが、カバー工法工事ではなく葺き替え工事の現場経験で申し上げますと、黒ずんでいてルーフィング材がフニャフニャになってしまっていることを確認しています。
谷樋は雨水に交じって降ってくるホコリ(微粒子なものから砂塵まで)で、少しずつ少しずつ削られて、本来の材質よりも薄くなっていることが多く、目視では確認できないような「ピンホール」が開いていて、霧吹きをかけられたような隠れ雨漏りが始まっていることがよくあります。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宝塚店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-557-325