オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

猪名川町で屋根修理、雨どい修理、板金修理、瓦修理をしたい


兵庫県川辺郡猪名川町でも地震、豪雨、台風による被害が出て、まだ修理工事が終わっていないお宅が多く見受けられます。


屋根に関する部分の被害(瓦が飛んだ、カラーベストが割れた、雨どいがなくなった、板金が剥がれた、笠木がめくれた)は相当数に及びました。


屋根修理業者が見つからない、対応してくれない、いつくるか分からないとお困りの猪名川町の方は、街の屋根やさん宝塚店へお問合せ下さい。


瓦屋根修理、カラーベスト屋根修理、トタン屋根修理、ガルバリウム鋼板屋根修理、雨どい修理、棟板金修理、ベランダ波板、テラス波板、屋上防水、ベランダ防水、雨漏り修理、シーリング工事など、外回りに関するお悩みを解決します。

猪名川町からも屋根修理業者が見つからない、対応してくれない、いつくるか分からないとお困りの声が街の屋根やさん宝塚店へ寄せられます。

2018年の北摂地域は大阪北部地震に始まり、西日本豪雨、台風12号から24号まで、多くのお宅に被害を与え、悩まされました。


街の屋根やさん宝塚店には、今もなお「台風の被害で修理が必要」「業者が来てくれない」などの声が寄せられます。


大阪北部地震から起算すると、かれこれ1年近い時間が経過しているにもかかわらず、悲鳴が収まらないことに憂慮の念を隠せません。


屋根に関する被害は全て解消します。最も難しくほとんどの業者が嫌がる雨漏り修理を専門としている街の屋根やさん宝塚店は、皆様のご心配、ご不安を解消します。

猪名川町の街の屋根やさん宝塚店の工事は大工歴50年のベテラン職人が受け持ちます。

街の屋根やさん宝塚店は大工歴50年で、様々な被害症例、被害事例を見てきたベテラン中のベテラン大工が、屋根の修理工事を行います。


現在の建築工事は分業化され、様々な工種の専門職が携わりますが、昔の大工さんは地業から基礎工事、建て方、左官工事、屋根工事まで、全ての工程を全部自分で行いました。


家を建てることに50年以上携わり、関わってきた街の屋根やさん宝塚店の大工は、建築物のウイークポイント(弱点)を解った上で修理工事をします。


単に瓦専門、板金専門、防水専門というだけでなく、建築工程の全ての見地、50年の間に見てきた症例、事例、実工事の品質経験が背景になっています。

猪名川町でカラーベストが割れたままのお宅はありませんか。そのままでも雨漏りしないかどうかの確実な判断を街の屋根やさん宝塚店は致します。

カラーベストの割れ方や、割れた部分にも因りますが、割れてしまうと不安でなりませんが、実は割れたままでも大丈夫な場合があります。


街の屋根やさん宝塚店の熟練の大工が判断しますのでご安心ください。すべてを知っている彼は、本当に修理が必要なものだけに手を付けます。


また街の屋根やさん宝塚店の熟練大工の技は、カラーベストの部分修理が普通の屋根修理業者と一味も二味も違います。


カラーベストが割れた場合、割れた部分だけを引き抜きますが、新しいカラーベストを差し込む前の、内部処置が重要であることを知っています。


一見カラーベスト屋根が直った状態にすることは簡単ですが、屋根材同士の接点が毛細管現象を起こしますので、逆流した雨水が釘穴に到達することを見逃しません。

猪名川町の瓦修理が必要な方で、部分修理程度であれば、街の屋根やさん宝塚店がすぐに修理完了させてしまいます。

激しい振動を伴う地震や、猛烈な勢力の台風は、1枚何キロもある陶器製の瓦に大きな爪痕を残し、修理が必要な状態に持ち込まれました。


飛来物が大屋根に衝突することで、紐丸や熨斗瓦、平瓦、軒先マンジュウ瓦が割れます。割れた大きな破片は階下へ落下します。


1階の面積が広い場合、下屋根(下屋)が設けられますが、大屋根から落ちてきた瓦の破片はそこに落下して、さらに次の瓦を割ります。


部分被害で収まっている瓦屋根は比較的短期間で修理が可能です。掛けたままのブルーシートが取り除かれて安心できる状態になります。


棟の積み直しが必要で工事が遅れているケースが多くあります。街の屋根やさん宝塚店の大工は瓦さえ葺き替える技能を有しています。

猪名川町でトタン屋根がめくれたままのお宅は街の屋根やさん宝塚店にお問合せ下さい。状態にもよりますが即刻修理することが出来ます。
猪名川町でトタン庇がめくれた状態のお宅は街の屋根やさん宝塚店にお問合せ下さい。即日調査に伺います。

古いトタン屋根やトタン庇は強風で剥がれた症例がおおくありました。剥がれてしまう理由は古いからではありません。


トタンが剥がれる典型症例は、屋根内部の劣化進行に気付かず、下地の野地板や垂木が傷んでしまっていることに因ることが多いです。


いつ剥がれてもおかしくない状態に長い時間をかけて進行している所へ、暴風が吹き荒れるので、めくれあがってしまいます。


そんな屋根や庇は、街の屋根やさん宝塚店の大工が、構造用合板や胴縁、野縁などの木材、建材を用いて補強しますので、強い屋根、庇に生まれ変わります。

猪名川町で雨どい工事をお考えの方は街の屋根やさん宝塚店にお問合せ下さい。即日調査に伺います。

雨どいが割れてしまったどころか、吹き飛ばされて無くなってしまった症例もたくさん発生しました。雨どいがないと意外な弊害を生むことがあります。


雨どいは、屋根の表面に降り注いだ雨を集めて集水器へ流し、地上へ排水する役割をもっています。その雨水は集水桝へ流されます。


集水桝からは地中に埋設された配管を経由して、雨水専用配管(本管)に集合流入します。自宅の敷地に自然放流しているのではありません。


これを自然放流した場合。その敷地、その地域に涵養力があればよいのですが、なければ許容量以上の滞水が土地を緩めます。


また多湿な状態になりますので、かび臭が立ち込め、蚊が多く湧くなどの、生活環境の悪化をもたらし、健康被害が出始めることもあります。

猪名川町で棟板金がなくなっているのに直っていないお宅は街の屋根やさん宝塚店にお問合せ下さい。即日調査に伺います。

台風が過ぎ去り、外に出て被害がなかったかどうかを確認したところ、金属製の長い部品が庭や玄関先に落ちていて、何これ?と思われた事でしょう。


普段から見慣れていると何の部品か解りましょうが、一般の方にはなんだか想像もできない場合だってあります。


その上、あれだけの強風でしたから、自分ちの物か、よそから飛んできたものかも判別が出来ないと思います。


屋根面と屋根面が追い当たる(接合する)部分を板金の役物で包み、雨水の侵入を防いでいることから、棟包み板金と言います。


屋根の経過年数にも因りますが、ルーフィングシートの耐用年数が過ぎ去っている場合は、内部漏水(雨漏り)が始まっている可能性があります。

猪名川町でカーポートのポリカ屋根修理をご検討の方は街の屋根やさん宝塚店にお問合せ下さい。即日調査に伺います。
猪名川町でベランダのポリカーボネート平板屋根の修理をご検討の方は街の屋根やさん宝塚店にお問合せ下さい。即日調査に伺います。
猪名川町でベランダやテラスの波板交換工事、修理工事をご検討の方は街の屋根やさん宝塚店にお問合せ下さい。即日調査に伺います。

車大好き人間で、こだわりのカスタムを施し、週末だけに限られますが、「fun to drive」を楽しんでいる方ほどカーポート屋根も大切にしているものです。


週に一度の休みに、愛車をジャッキアップして、車高調整式サスペンションをチューニングし、乗り味を確かめる楽しみも阻害されます。


カーポート屋根が在れば、少々の雨が降っていても、サスペンションチューニング作業も可能にしてくれます。


ベランダやテラスの屋根は、洗濯物や布団をカラッと乾かし、太陽の臭いを嗅ぐ安眠を家族に提供したい、お母さん、主婦の味方です。


波板屋根でも平板屋根でも近年主流のポリカーボネート製の物は、最近は入荷スピードが上がってきましたので、1週間以内に修理が終わる場合があります。


特殊な色調や形状でなく、ビート、パッキン類が残っている場合は、比較的早期に屋根建材が揃いますので、試しにお問合せ下さい。

猪名川町で陸屋根、ベランダ、バルコニーの防水工事をご検討の方は街の屋根やさん宝塚店へお問合せ下さい。雨漏り修理のプロが即日調査に伺います。

昨年の西日本豪雨は、近くの河川が氾濫するのではないかと心配するくらい雨が降りました。その降水量に耐えられない雨漏り症例が多発しました。


お客様のご要望に応じて伺うと、ベランダやバルコニーの防水処理が不良化していて雨漏りしているケースが散見されました。


またドレンと言われる排水口に落ち葉やごみ、土砂が堆積して、排水が追い付かず、ベランダがプールのようになり、染み込んだ雨水が雨漏りになっていたのです。


ベランダやバルコニーの清掃と防水施工が疎かになっている結果として階下の部屋を濡らす程の雨漏りに進行したのです。


防水施工が十分であるのか否かを判断するのは難しいことですので、ご心配な方は、街の屋根やさん宝塚店が状態の判定に伺います。


本格的な梅雨や台風シーズンが到来する前に処置しておくために、早めに行動を始めて下さい。シーズンに入ると防水工事が込み合います。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宝塚店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-557-325