オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

竪樋(雨どい)が地震動の影響を受けない干渉緩和対策を講じた


竪樋はチーズとデンデンで固定されているので、縦揺れの地震では固定部分に力が集中する

マンション屋根の軒先の両端に2本の竪樋が設置され、屋根から軒樋に流れてくる雨水は、軒樋の中央を山にして両端部へ流されて竪樋に到達します。


竪樋から地中に埋設されている配管を通り、雨水集水桝へ排水されています。


この雨どいの配管経路を観察すると、竪樋が固定されている位置が分かります。


軒樋との接合部分、2階、3階共用廊下外壁とはデンデンと分岐配管チーズ、地中埋設管と竪樋の接合部分が、竪樋の位置を固定している箇所です。

竪樋の固定位置を断面図にすると地震動の揺れがどこに集中するかがわかる

縦の断面図にしてみました。図をご覧になると一目瞭然です。


一番上の軒樋との継ぎ目、デンデンとチーズ、一番下の地中埋設配管との継ぎ目は、どうにも動かすことができない位置です。


特にデンデンとチーズで固定されている位置は、縦揺れの地震動が来たときは、連動してしまう位置です。

竪樋のどこに自由度を持たせるべきかを確認するには断面図を書くと早い

前述のどうにも動かすことができない位置以外の部分の竪樋に自由度が生まれれば、縦揺れがきつい地震動が来た時に、同期振動しないことで生じるエネルギーのしわ寄せを逃がすことができます。


図で示すとこの位置が該当します。軒樋と3階のデンデン、チーズの間、3階と2階のチーズの間、2階のチーズと地面との間と言うことになります。

伸縮継ぎ手は縦方向の応力を逃がし、竪樋やチーズの破損を回避する

蛇腹式の竪樋用ストレート配管でも存在すれば簡単ですが、耐久性の面で作ることができない部材なのだろうと思います。


上下から挟まれても蛇腹のように応力を吸収してくれる仕組みにすれば自由度を持たせることができますので、伸縮継ぎ手という部材の登場です。

伸縮継ぎ手の片方は150mmのインロウ式の奥行きがある便利な雨どい部材

普通の固定継ぎ手は長さが90mmでインロウ式になっており、この両方からストレート配管を差し込んで継ぎ足して行きます。差し込み口の深さは両方ともに40mmの深さです。


それに対して伸縮継ぎ手は上下が異なる形状になっています。


上側はストレート配管よりも数ミリ太く造られていて、差し込み深さが150mmもあります。


反対の下側は固定継ぎ手と同じ40mmの深さです。

竪樋に伸縮継ぎ手を挿入するためには思い切って切断する

上から下まで位置と長さが決められている竪樋に、どうやって新しい継ぎ手を差し込むのかが課題ですが、150mmの自由度がある伸縮継ぎ手だからできる方法です。


まずは思い切って竪樋のストレート配管をノコギリで切断して取り出します。切り取る長さは1000mmもあれば十分です。切り取ったストレート配管を、さらに100mm切断します。


なぜさらに100mm切断するかと言いますと、継ぎ手の上と下の端のすそ部分は差し込み深さが40mmと内部の鍔が10mmありますので、両方の長さを合わせると100mmになるからです。

接着剤で完全固定する前に仮組して挿入可能かどうかを確認しておく

これをよく考えて作業をしなければ、差し込んで復旧することができなくなりますので、ご自分でやってみようと言う方はよく覚えておいてください。


まずは雨どい専用ボンドを塗布しないで、固定継ぎ手と伸縮継ぎ手をストレート配管に仮で組み上げます。そして伸縮継ぎ手に目いっぱい差し込んだ状態で、最初に切り取ったストレート配管の部分に差し込むことができるかどうかを、念のため確認してください。


間違えて100mm切ったつもりが足りていない場合は、差し込むことができません。ボンドを付けてしまってからでは取り返しがつきません。

固定継ぎ手の一方だけに接着剤を塗布する
伸縮継ぎ手の短いほうに接着剤を塗布する
あらかじめ切り取っていた竪樋と固定継ぎ手を接続して仮組状態を確認しておく

伸縮継ぎ手のすそが短いほうの内部にボンドを塗布します。決してすそが長いほうにボンドは塗布してはいけません。切り取ったストレート配管の上部に固定継ぎ手を接着します。


3番目の状態の部材は固定継ぎ手を上側に持っていき、下側に伸縮継ぎ手のすそが長いほうを差し込みます。

 

この状態をキープしながら本復旧します。上と下の継ぎ手を切り取られていないストレート配管に、目いっぱい差し込んでください。継ぎ手内部の鍔に当たる感触を感じることができたらOKです。


伸縮継ぎ手のすその長いほうは上を向いていますか?伸縮継ぎ手のすその長いほうの内部にボンドは塗布していませんね?確かめることはこの2点です。

伸縮継ぎ手の長い裾の内部では、上から来ているストレート配管が80mm差し込まれています。すその深さは150mmありますから、内部で70mmの自由度が生まれている計算です。


マンション本体と竪樋の振幅が70mmも差異が生じることはないと思います。もし70mm以上の差異が生じるような揺れの時は、街が崩壊する程の地震だと思います。


このような最悪想定などしたくありませんが、全ての人々にとってどうすることもできない不可抗力な自然災害です。その時は諦めるしかありません。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宝塚店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-557-325