オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高槻市で隣家から飛来した瓦で損傷した屋根は谷漆喰が傷んでいた


割れた瓦屋根の応急処置をした時に発見しましたが、谷の漆喰がボロボロになっていました。

谷ってなに?漆喰ってなに?オーバーフローとは?どんな危険性があるの?知りたい方は読み進めて下さい。

実際の写真を見ながら谷漆喰が劣化した時の雨漏りメカニズムをご理解いただけます。

台風21号でお隣のお宅の屋根瓦が飛んできたので、応急処置のために屋根に登らせて頂きました。


損傷した箇所の確認と、雨漏り養生はもちろんのことですが、せっかくのことですから、屋根の各部を点検しました。


瓦本体は、それが地上から見えれば、異常があるのかないのかを判断することが出来る場合が多いのですが、谷漆喰は屋根に登ってみなければ状態がわかりにくい部分です。

瓦とルーフィングが敷き込まれた野地板の間には、瓦を安定的に座らせるための葺き土が盛られています。葺き土は湿気や入り込んだ少量の雨水を吸収しては発散する二次防水の役目を持っています。

谷漆喰が相当劣化してしまっていると、降水量が多いときは谷板金を釣り超えて、葺き土は直接雨水に晒されます。


瓦の下の葺き土はある程度の水分や湿気を吸収し発散していますので、一次防水の瓦に対して、葺き土は二次防水をしています。


しかし水分量が多すぎると、葺き土は水分を含んで軟化し崩れます。さらに水量が多いときは洗い流されてしまいます。


谷漆喰は雨水の侵入を堰き止めたうえで、葺き土に雨水が染み込むことがない様にコーティングしてくれているわけです。

屋根の上で谷が形成される部分は、両方の屋根の瓦を、隙間なく追い当てられるのではなく、一定の間隙が設けられます。


たとえ瓦をキチキチに追い当てても、隙間は埋まることはなく、雨水は難なく入り込んで行きますので、谷に板金を仕込んで排水します。


谷板金の一番下手(軒先)を見てみますと、板金が軒先から少しはみ出ているので、瓦の下側にどの程度入り込んでいるかがわかります。


そして青矢印のあたりに、軒先から棟まで、漆喰が充填されていますが、漆喰が劣化していると、雨水を堰き止める力がなくなります。


これを「オーバーフロー」と言います。

59029e72bf8fea966807135f22a7bc8d-columns2
谷板金はいくら精密に追い当てても生じる屋根瓦の隙間をすり抜けて入り込む雨水で雨漏りしないように排水するための金属板のことを言います。
谷板金を目指して注ぎ込む雨水は棟に近い水上より、軒先に近い水下の方が流水の流速が高いので、谷板金をオーバーフローする可能性が高まります。

谷部分における雨水の流れを矢印で書き入れてみました。雨水は瓦屋根表面に降り注ぎますが、これを赤色矢印で書きました。


谷部分では、両側の瓦の上からの雨水が合流し、水下へと流れ落ちて行くことを青色矢印で表現しています。


赤色の矢印に注目してください。矢印の長さが異なります。棟から谷までの距離に応じて矢印の長さが異なるからです。


矢印が短い水上ではすぐに谷に到達しますが、矢印が長い水下では長い距離の傾斜で勢いをつけて谷に到達します。


水下へ行けば行くほど雨水は勢いをつけて谷に注ぎ込むことが解ります。谷に注ぎ込む水量にも注目ですが、水下の方がオーバーフローしやすいと言えます。

面戸漆喰が美しく正常な防水をしているにもかかわらず、谷漆喰は修理されず欠損して流速を早める軒先では、谷板金をオーバーフローしている状態でした。
IMG_8907_R-columns3
高槻市で台風の二次被害を受けたお宅の屋根点検で発見した谷漆喰の劣化。放置しておくと葺き土が洗い流されるばかりか、谷板金をオーバーフローした雨水で雨漏りが始まるので大変に危険です。

こちらのお宅の面戸漆喰を見ると美しく、過去5年以内に漆喰詰め直しをしていると思われます。しかし谷漆喰はしなかったのでしょう。


もう剥がれ落ちて欠損、欠落している箇所が多く、降水量が多い雨の日には、瓦の下の葺き土まで雨水が達しているでしょう。


今は幸いにも瓦がかっちりとしていますので、葺き土が緩んだり、洗い流されたりはしていないでしょう。


しかしルーフィングシートが弱っていると、オーバーフローした雨水は野地板に達して木地を腐食させ始めますので、やはり谷漆喰の有効性を維持してオーバーフローを防止すべきでしょう。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宝塚店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-557-325