オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

宝塚市在住K様ご所有マンション 屋根材の選定協議の過程


アスファルトシングル材が剥がれてしまったマンションの事例の5回目です。前回は金属材質のたてはぜ葺きが最も風の影響の受けにくく合理的だとお話し致しました。

ここまでお話をしておきながら、やや逆説的な論調をお許しいただきたいと思います。何が逆説的かと申しますと、元々使われていたアスファルトシングル材と他の方法の検討も必要だというお話をするからです。

建築基準法に適合した屋根工事をしなければならない

実はこのマンションは建築基準法で認められた道路(通称2項道路と呼ばれています)に面していて、建築基準法を順守する立派なマンションですが、マンションの前にたどり着くまでに、一部狭小な区間があって、普通車なら通行可能ですが大型のトラックが入ることができない道路条件にあります。

大きな屋根材は大型トラックで現場に搬入する必要がある

前回まで検証してきた金属材質で縦長の屋根材が約9mありますので、大型トラックでしか運んでくることができない材料がネックになってしまいました。

それでも不可能ではなく、マンション近くの大通りまで大型トラックで運搬して、そのあとマンションまで人海戦術によって、資材を搬入すれば良いのですが、その人件費が余分に発生する欠点が残ります。

軽トラックで運ぶことが出来る屋根材は一般住宅の屋根工事に適している

そこで単位寸法が小さい屋根材の検討余地が生まれてきます。金属材質の縦長で1枚形状の屋根材を2分割にし、棟で向き合わせるように葺いて行き、頂上部は棟板金で仕上げる方法が有力になってきます。

また元々使われていたアスファルトシングル材は30cm×90cmくらいの単位寸法ですので、普通トラックや軽トラックで十分に搬入することができます。

最良の選択をする屋根工事業者は雨漏りをさせない

上記2つの工法は、屋根の継ぎ目が生まれてしまう工法ですが、棟板金をメーカー標準施工要領以上に強固に固定してやれば解決できます。アスファルトシングル材も20年前とは違って屋根材本体の材質そのものが向上していますし、接着剤の性能も向上していて、長期にわたって強固に緊結することができるようになっています。


今回の被害に遭われたような事象は、20年くらいの時間経過であれば、まず起きることがないように施工することが可能です。街の屋根やさん宝塚店は対象の建物特有の様々な条件を考慮して、お客様に最適な提案ができるようにお手伝いをさせていただきます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宝塚店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-557-325