モルタル外壁の劣化の特徴を事例から知り補修時期を察知する


モルタル外壁を見て地震の時に生じたと思われるクラック(ひび割れ)が外壁に入っている

モルタル外壁を見て地震の時に生じたと思われるクラック(ひび割れ)が外壁に入っている、外壁塗装に色褪せが生じている事を気付かれたことがあると思います。


雨漏りは屋根からだけではなく、外壁からが原因である事が実に多いのです。


特にクラック(ひび割れ)から入る水分の影響は手遅れであること多いので注意が必要です。

雨漏りは屋根からだけではなく、外壁からが原因である事が実に多く、特にクラック(ひび割れ)から入る水分の影響は無視できない

クラック(ひび割れ)が全くないお宅を探すことが難しいくらいに、ほとんどのお宅で小さいものから大きいものまでクラック(ひび割れ)が見られます。

モルタルのクラックが横方向のひび割れの場合は早急に修理すべきである
モルタルのクラックが横方向のひび割れの場合は早急に修理すべきである

モルタルはそれが持つ硬さの性質からクラック(ひび割れ)が入りやすい特徴があります。固いものは強い反面として割れやすい特性を持っています。


まずは大きさに着目をします。狭い幅のクラック(ひび割れ)からは水分が侵入しにくいですが、大きな幅のクラック(ひび割れ)からは、外壁内部に水分が侵入する可能性が高くなり、知らぬ間に柱や梁などの家の強度を司る躯体に影響が出始めます。


次にクラック(ひび割れ)の位置に着目します。軒先の張り出し具合や庇の有無にもよりますが、家の高い位置では横からの風雨の影響を受けやすいので、雨水が侵入しやすくなります。

モルタル外壁は外部から力の影響を受けることでクラック(ひび割れ)が入ります。

外部から力の影響を受けることでクラック(ひび割れ)が入ります。


外部から受ける力の影響は、地震などの揺れや、季節変化で起こる寒暖の差の影響が大きいと考えられます。


揺れるエネルギーは固い物質ほど大きく受けます。


固い物質は伸縮に弱い特性を持っています。


後者は、物質は熱せられる、水分を含むと膨張し、冷やされる、乾燥をすると収縮する作用が起こります。


セメント成分のモルタルも外部からの力の影響を受けてクラック(ひび割れ)を生じることがあります。


モルタル外壁には外部からの力の影響を受けにくくするための補強材ラスが入っていますが限界があるからです。

雨水が入るほどのクラックが生じた場合は、モルタル充填、コーキング充填などでひび割れを補修する

外部からの影響を受けない場合、モルタル外壁は所期の強度を維持し続ける外壁工法のひとつです。


それぞれのお宅が受ける外部からの影響は千差万別で、影響を受けないお宅はありません。


外部から大きな影響を受ける地震や強風、台風の後に、クラック(ひび割れ)が出来ていないか確認してみてください。


クラック(ひび割れ)が見られた場合に判断が難しい場合は、街の屋根やさん宝塚店に点検の依頼をして下さい。


私たちが確認して影響の度合いを判断して具申しますので、焦ることなく対応方針を検討できれば安心します。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宝塚店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-557-325