オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

風の影響を受けにくい屋根仕上げを屋根材ごとに形状から考察


軒先から水上に向かって屋根材を臨むと風を受ける構造が解る

もう一度おさらいです。「屋根材は、軒先から張はじめて屋根の頂上部である棟へ向かって張り進め仕上がっていきますので、屋根材の先端部分が屋根の軒先方向(下方向)を向いています。この屋根の先端部分に強い風圧がかかると、捲りあげられてしまうわけです。」

アスファルトシングル屋根軒先の屋根材と雨どい

「このマンションは、軒先(桁方向)が東西に面していて、ケラバ(妻方向)が南北に面しています。通年で風向きが西から吹く傾向にあるとすれば、ケラバ(妻方向)が東西に面しているほうが、屋根材が風の影響を受けにくいことになるのです。」


建物を建てるとき、様々な条件を考慮して、プランが策定されます。その建物と家並における全体最適を達成する条件が採用されていきますが、屋根においては必ずしも最適条件が適えられるとは限らないのです。

重量鉄骨造マンションの屋根がアスファルトシングル

現在の屋根の形状や建物の方向は変えられない条件であることはお分かりいただけると思います。このマンションにおいては、軒先が東西に面していて、屋根材の先端部分が同様に東西に向いていることになり、東風または西風によって捲りあげられることが有りうるという状況です。

屋根に被害を及ぼす台風は秋に襲来することが多い

台風は秋に襲来することが多く、西風を増幅させますので、やはり西風を強く意識した屋根工事プランを検討するのが正解だと考えられます。この西風の影響を受けないまたは極めて受けにくいようにはどうするか。


風の影響を受けて捲り上げられてしまう「屋根の先端部分」を減らすことです。屋根材の継ぎ目がなくなればベストですが、現実的には難しい条件です。ですが限りなく少なくすることは可能です。

立平と呼ばれるガルバリウム鋼板のたてはぜ葺き
トタンやガルバリウム鋼板などの材質で、縦長の板状の屋根材を横方向で「はぜ継ぎ」をして葺いて行くのが最適であろうと考えられます。緩やかなアーチ状の体育館の屋根をご想像ください。板状の屋根材一枚一枚がアーチを描いて、縦方向に継ぎ目がありません。
体育館の屋根はアーチ状 ガルバリウム鋼板は遮熱塗装もされている

唯一軒先部分だけが風の影響を受けることになりますが、それも軒先板金によって強固に固定することができます。横方向は「はぜ継ぎ」によって強固に固定されますし、アーチの形状が屋根材相互の緊結性を高めてくれますので、さらに剥がれにくくなるのです。

合理的に設計された屋根は雨漏りを避けて家を長持ちさせる

仕上がりのデザインには好みが分かれてしまいますが、建物本体を浸水から守り、その中で暮らす人々を守ってくれる屋根です。長持ちして、雨漏りがしにくく、メンテナンスにも費用が掛かりにくい構造を優先に考えますと合理的な選択ができます。

好みの屋根に仕上げたい 屋根工法はお客様の選択の自由です

しかし好みや判断は千差万別です。ガルバリウム鋼板の横暖ルーフを葺きたい、周囲の家並に調和するようあえて日本瓦を葺きたいなど、街の屋根やさん宝塚店はお客さまのご希望が最優先であることを忘れずに、屋根工事のお手伝いをさせていただきます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宝塚店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-557-325