オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

「破風板」とはどんなもので、どんな役割を果たしていますか


594729_LI_R-simple

典型的な屋根の形である切妻屋根のお家を例に挙げてお示しします。きれいな朱書きではない事をお詫び致します。


赤で囲った部分が破風板です。


実際の屋根の写真をご覧ください。木製の破風板と最近の主流である窯業系の破風板を見てもらったら、よくわかると思います。

1)屋根の妻側をケラバ側とも呼びますが、ケラバは棟木や母屋、軒桁を突き出させて庇の役割を果たします。庇の先端にくる木口の保護をします。

2)破風板は、その文字の通り、風を止める目的の板です。破風板がケラバの木口から屋根の内部に雨水や風が吹き込むことを防止しています。

3)破風板がない状態だと風雨が吹き込むだけではなく、火の粉が舞い込みやすいので、火事で屋根が焼け落ちる可能性を抑制するために設けられています。
before1
強風が運んできた飛来物で破損した破風板
horizontal
after1
強風が運んできた飛来物で破損した破風板は部分修理で以前と変わらない見栄えを取り戻した

昨年秋の台風21号の後に修理をさせて頂いた事例があります。強風で運ばれてきた飛来物が当たって割れたと思われます。窯業系の破風板は見事に割れてしまいました。


一般的に挙げられる経年劣化でも破損することがあります。紫外線劣化の他に様々な劣化因子が働いて弱くなります。最後に何かがきっかけ割れるものと思います。

破風板の役割は「軒先木口の保護」「防風」「防水」「防火」でした。どの役割が欠けても、直ちに影響が出る可能性は低そうです。


しかし防火の役割は侮ることができないでしょう。偶然に近隣で出火したらこちらが類焼するリスクが高くなります。


次にいつ襲来するか分からない防風の役割も怖いです。台風21号では強風がどれだけ屋根に被害を及ぼすかを思い知った方も多いのではないでしょうか。

破風板や鼻隠し板、軒天から強風が吹き上げられると屋根全体が吹き飛んでしまうことがある



この写真をご覧ください。


なんとなく笑った方はいませんか?

屋根全体が吹き飛ばされる事例がありましたが、それはそれは大変な事態になり、かつらが吹き飛んだのとはわけが違いました



直感的にこれを想像してしまうから笑うのでしょう。


吹き上げてくる風の圧力に耐えかねて、屋根全部が捲れあがって吹き飛ばされたと言う事故事例を2件も聞きました。


聞いた事例だけで2件ですから、もう少しあったのではないかと思います。冗談では済まされない風災です。

日本建築の破風板は桧製で燻し瓦との相性が抜群です
日本建築には木製が多く採用されています
外壁と同じモルタル葺きの破風板は火災強度が抜群です
外壁と同質のモルタルで覆工されている家屋も多いです
近年の家屋は窯業系資材の破風板が多くの割合を占めます
ガルバリウム鋼板の破風板は耐火性が抜群によく、軽くカバー工事も可能にします

日本建築家屋であれば木製です。桧の破風板は屋根に風格と荘厳さを感じさせます。


外壁とともにモルタル仕上げをされる破風も多く見られます。


近年は外壁でおなじみのサイディングと同質の窯業系で仕上げられることが多くなってきました。


ガルバリウム鋼板のカバー工法で化粧されることも多くなってきています。

濃い色調の傾向が強いように感じます。屋根や庇などは雨水を一番に受ける場所ですので、雨水に含まれる空気中の汚れの影響を真っ先に受けます。ですからその汚れの影響を感じにくい色調を採用されるのでしょう。

劣化した破風板自体を本質的に性能回復させるわけではありませんが、破風板の役割を果たしてくれる限りにおいては、カバー工法も検討に値する工法です。安価で負担が少ないのを喜ばれています。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宝塚店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-557-325