ベランダとバルコニーの違いを明確に使い分けていますか


ベランダとバルコニーは何が違う

稀に議論になると思いますが、ベランダとバルコニーは何が違うのでしょうか。今はバルコニーと言っているものが、昔はベランダと言っていただけのような印象があります。ベランダという響きは昭和時代を感じ、バルコニーは平成時代の表現のような気もします。

バルコニーは屋根のない建物の張り出し部分

建物の外(室外)に張り出し、手すりや柵などで仕切られたスペースで、屋根がなく2階以上に設けられているのがバルコニーです。

2階以上ならバルコニー、1階ならテラス
1階の張り出し部分ならばテラス、2階以上ならばバルコニーという呼称に変わります。屋根の有無がベランダとバルコニーの違い、1階か2階ではテラスかバルコニーかの違いになるのです。
テラス、ベランダ、バルコニーの違い

テラスとは1階で建物の外(室外)に張り出したスペースのことを言います。フランス語に由来する言葉で「盛り土や土間」を意味するようです。テラスはコンクリートで成形されたり、石やレンガ、瓦を敷き詰めて成形されたりしている一段高い土間です。

ベランダなのかテラスなのか

1階で建物の外(室外)に張り出したスペースで、屋根が付いている場合は、ベランダと解釈すべきかテラスと解釈すべきかと迷ってしまいます。

ベランダなのかテラスなのか

ベランダは何階にあるかは関係なく、屋根があるかどうかがポイントですから、「1階で建物の外(室外)に張り出したスペースで、屋根が付いている場合」は、ベランダと解釈するのが正解です。

ルーフバルコニーとガルバリウム鋼板屋根

その家屋の最上階の部屋の上に設けられたバルコニーをルーフバルコニーと言います。日本語で表現すると屋上屋根ということになります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宝塚店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-557-325