ターペン希釈形1液エポキシさび止め塗料ザウルスEXⅡ


速乾一液弱溶剤形変性エポキシさび止め塗料ザウルスEXⅡ

街の屋根やさん宝塚店で現在施工中のマンション共用階段が鉄骨造ですので、その鉄部の下塗りをさび止め効果のある塗料で塗装しています。


下塗り塗料になぜこの「速乾一液弱溶剤形変性エポキシさび止め塗料ザウルスEXⅡ」を選んだのかその理由を次で説明します。

関西ペイントのターペン希釈形1液エポキシさび止めザウルスEXⅡ

鉄製のH型鋼や中空角型鋼材、無垢角材には防錆効果を持たせるために、表面を保護する塗装が一定周期で必要です。


それでは鉄部にはどんな塗料が適しているのでしょうか。

鉄部には、様々な素材の塗料を塗ることが出来ますが、一般にはアクリルウレタン系塗料が多く採用されているようです。

関西ペイントのターペン希釈形1液エポキシさび止めザウルスEXⅡは鉄部塗装の下塗りに最適なさび止め塗料

アクリルウレタン系というと塗料の他にシール効果を求めるコーキング材でも聞かれる素材名です。


鉄部塗装には防錆剤の塗装が欠かせませんが、エポキシ系さび止め塗料を使われることが多くなっています。


エポキシは接着剤やコンクリート補修の注入液として多用されています。

防錆剤のエポキシ系さび止め塗料が、鉄部塗装のカギになります。エポキシ系樹脂は接着性能が高くさび止め塗料として広く普及しました。

ターペン希釈形1液エポキシさび止め塗料ザウルスEXⅡを塗料用シンナーAで希釈する

エポキシ系のさび止め塗料が鉄部と仕上げ塗料のアクリルウレタン系塗料を強力に接着するので、アクリルウレタン系塗料は鉄部との相性が良く、塗膜が長い間鉄部を保護してくれます。


下塗りから仕上げ塗りまでを総合的に考え、費用対効果も考慮し、バランスの良い塗料の組み合わせを割り出すことが肝要です。

速乾一液弱溶剤形変性エポキシさび止め塗料ザウルスEXⅡを折板屋根に2度塗りしている

油性・フタル酸樹脂系さび止め塗料は、一液で取り扱いしやすく塗りやすい、しかもミネラルターペン可溶で比較的臭気も少ないなどの利点を持っています。


しかし「乾燥が遅い」「上塗塗料が限定される(強溶剤系塗料はNG)」「耐久性が悪い(反応硬化型さび止め塗料との 比較)」などの問題点が指摘されてきました。


速乾一液弱溶剤系変性エポキシさび止め塗料 「ザウルスEXⅡ」は、従来の油性・フタル酸樹脂系さび止め塗料の長所(脆弱な旧塗膜も侵し にくいなど)を活かし、一日に2回塗りが可能な「速乾性」であり、幅広い「素材適性」「上塗り 適性」を有しています。


また、環境にも配慮した鉛・クロムフリーさび止め塗料です。「ザウルス EXⅡ」は、すぐれた耐久性と、抜群の仕上がり肌(上塗り)をお約束します。

1)幅広い下地適応性を有し、 一液弱溶剤タイプの使いやすい塗料です。

鉄、トタン、亜鉛メッキなどの素材や、脆弱な各種旧塗膜など幅広く塗装が出来ます。

 

 2)幅広い上塗り適性と、 速乾性でスムーズな作業効率を実現します。

弱溶剤系上塗り塗料(セラMレタン、カンペ1MレタンHG、ルーフペイント、その他OP

フタル酸など)は約4時間(23℃)で、強溶剤系上塗り塗料(アレスレタン、アレスセラレ

タン)は約8時間(23℃)の短いインターバルで上塗りが塗装できます。

 

3)すぐれた防錆力を持っています。

付着性にすぐれる特殊変性エポキシ樹脂を使用し、JIS K 5674 1種同等以上の優れた防食性

を発揮します。

 

4)鉛・クロムフリーで 環境に配慮したやさしい塗料です。

環境にやさしい鉛・クロムフリー設計です。

 

5)抜群の美しい仕上がり肌で、 マテリアルデザインを強力にバックアップします。

平滑できめ細かな仕上がり肌。上塗塗料のつやを最大限に活かせます。

速乾一液弱溶剤形変性エポキシさび止め塗料ザウルスEXⅡの特徴
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宝塚店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-557-325