クランプ式足場の部材の名称と役割をご紹介します


屋根工事に欠かせない足場 クランプ足場の単管

単なる鉄製の管だからその呼び名があると簡単に想像することができます。4m、3m、2m、1.5mから、短いものであれば数十cmのものまで幅広く使われていますでの、建物の形状に合わせて自由自在に足場を組むことができます。

クランプ式足場の部材 根がらみ
1.8m、1.35m、0.9mの規格があり、まず最初に垂直方向の単管の位置を確定させて決めていくための、道しるべのような役割を果たしています。

普通の単管と異なる点は、鉄管の両端にクランプが付いています。
屋根外壁工事で必要な足場で一番作業員が求めている板

組まれていった単管の組み合わせである支柱に、作業場所を確保するために水平方向に渡される板状の部材です。アンチとも呼ばれています。

屋根工事で必要な足場板 アンチと呼ばれている
組みあがりますとこのような仕上がりになります。長さは1.8m、1.35m、0.9m、0.6mなどがあります。耐荷重は1枚当たり150kgです。
屋根工事、外壁工事で欠かせない足場板をさせてくれる支柱がブラケット

90cmブラケット

一番上。略して9ブラ。その寸法から定められて呼称です。40cm幅の足場板を平行に2枚かけたい時に必要になるブラケットです。ステージと呼ばれる作業場所を作る時に多用されます。


大ブラケット

中央。略して大ブラ。寸法は60cm。40cm幅の足場板を渡したい時に使用されるブラケットです。


小ブラケット

一番下。略してコブラ。寸法は330cm。25cm幅の足場板しか渡すことができない狭小部分で重宝します。

屋根カバー工事で欠かせない足場のセンターブラケット

センターブラケット

支柱である単管に固定して、支柱を中心に25cm幅の足場板を渡すときに使用されます。隣地境界との隙間が少なく、本当に狭い場所でも足場板を渡すことができます。

屋根葺き替えで必要な足場の固定クランプ

固定クランプ

屋根葺き直し工事で必要な足場の自在クランプ
自在クランプ
屋根塗装工事で必要な足場の3連クランプ
3連クランプ
足場の支柱である単管を平行に、垂直に、斜めに交差させて単管同士をつなぎ合わせていくための部材です。


屋根重ね葺き工事で必要な足場の継ぎ手

単管同士をつなぎ、その繋ぎ目の強度をしっかり保ってくれるタフな部材です。

クランプのすぐそばでも継ぎ目の強度が落ちることなく、単管を取り持つ立役者です。


ガルバリウム鋼板屋根で必要な単管足場の継ぎ手
よく観察しないと気付かない存在ですが、縦と横の両方向をどこまでも繋いでいってくれます。
屋根工事で必要な単管足場の固定ベース

足場の最下部で、足場全体の重量を受け止めている力持ちな存在です。単管をそのまま地面に突きつけると、足場の重量がすべて単管の切り口の周囲に集中するので、めり込んでしまいます。

屋根カバー工事で必要な足場のジャッキベース

足場の支柱である単管の高さを、建物周囲の微妙に異なる地面に合わせてレベル調整を自在にしてくれる最も柔軟性がある仕事人です。仮組した足場を、そのあと浮かせて行って、その下の設備に負担をかけないように単管を抜き取る時には欠かせないアイテムです。

土間の傷つけ防止に単管足場のベースへ装着させる養生

フットベースをその下で支え、コンクリート土間や床タイルに傷をつけないように守ってくれている養生が専門の部材で、単にプレートと呼ばれています。

クランプ式足場を下屋に架設するときに使う養生板
左記のプレートと同じ役割ですが、下屋などで勾配がある場所の養生と滑り止めを目的に使われるプレートで、「下屋プレート」と呼ばれています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宝塚店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-557-325