オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

宝塚市K様マンション足場工事3日目 ステージ足場と養生シート


屋根工事用足場のメッシュシート張り

昨日から残してしまっている箇所にメッシュシートを張り巡らせて行きます。


規格は様々ですが1.8m×6.3mのメッシュシートを基準に、1.8m×5.1mなどをかけて隙間なく張り巡らせて行きます。

屋根工事に欠かせない足場のメッシュシートは安全性を確保する

高圧洗浄の水分や塗料が建物外へ飛散しないために張り巡らせますが、作業員の安全を確保する目的もあります。


最初は90cm間隔でひもで縛っていきますが、最終的には30cm間隔で縛ります。メッシュシートにはひもを通す穴がついていて、この穴が30cm間隔で設けられています。それを1箇所も怠ることなくひもで縛っていくと、軽く体を預けても支えになってくれます。


そしてメッシュシートに体が触れると人はその感触を察知するので、「これ以上行ってはいけない」というセンサーの役割をしてくれるのです。

足場のメッシュシートは相当な時間がかかります

30cm間隔でひもで結わえるわけですから、理論上は3,200箇所の結わえ付け作業です。


ベテランの足場職人さんが2人かかりでも、このマンションの規模であれば通算1日はかかります。

屋根工事に必要な足場資材が現場に届く

このマンションは敷地スペースと前面道路の幅員が広くないので、現場に搬入できる足場資材も必要最小限にとどめ、毎日必要な資材を都度運び込む必要があります。


そのような事情から必要な資材の数量を積算し間違えたとき、少し多い場合は問題ありませんが、不足が生じた場合は仕事が止まってしまい、様々な理由で大きなロスになります。


手待ちになる時の人件費ロス、足場の次の工事の人件費ロス・・・毎回緊張感をもって足場資材を手配して下さっています。

階段大屋根裏の塗装に必要なステージ足場

その名の通り舞台になるわけですが、ご覧の通り地面が階段では脚立をかけても不安定で、高所作業が危なすぎます。


塗装職人さんは上を向いて塗装作業に集中するために、姿勢の安定がおろそかになる時もあります。落下すると大けがは免れません。階段の隙間から落下したら死亡事故さえ懸念されます。


入居者の方々には大変に恐縮ですが、ステージ足場をかわしてご通行頂くことになります。

階段屋根の塗装に必要なステージ足場の組み方は配慮が必要

足場職人さんと相談して、通路の幅員を80cm以上、高さを180cm以上確保できるようにして欲しいと伝え、一緒に検討しました。


その条件を満たすように、足場の支柱の取り回しを考えてもらいました。

階段屋根の塗装に必要なステージ足場は十分な高さが求められます

高さは180cmありますので、大柄な男性にはくぐるようにご通行頂きますが、ほとんどの方であれば難なく通行することができます。


足場ベースを架ける場所がかなり厳しい建物構造です。普通に架けると通路の幅員が確保できなくなります。


しかし腕のいい足場職人さんは凄いです。「どうにかします!」の一言で、柔軟に対応してくださいます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宝塚店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-557-325