オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

宝塚市の漆喰剥がれ補修工事で留意したい施工ポイントを知る


面戸漆喰の取り直し工事で漆喰を剥がす時は丁寧にゆっくりと衝撃を最小限にする

職人さん方が愛用する屋根工事専用ハンマーを使って古く浮き上がった漆喰を軽く打撃します。


やみくもに強く打撃すると、今もなお密着している隣接漆喰まで振動で浮き上がります。

面戸漆喰の取り直し工事は漆喰を剥がすと葺き土も出てくるので屋根の汚損養生と掃除を必ずします

作業の早さを追求するようなむやみな力をかけずに丁寧に漆喰を剥がしていかなければなりません。


浮き上がっている漆喰でもこれを剥がすと、若干ながら大棟内部の葺き土も同時に出てきます。


まだ漆喰と密着している部分もあるから一緒に出てきてしまいます。

大棟の面戸は平瓦に比べて切り立っており、地上からもよく見えるので、仕上がりには見た目の美しさも求められる

屋根に吹き付けられる雨水から棟内部の葺き土を守るのが漆喰です。漆喰は葺き土の表面を保護し、横殴りの雨が葺き土を洗い流すのを防いでいます。


面戸の大きさは写真の通りです。面戸は棟と平瓦の合端口や軒先の雀口などにしかありませんので僅かな部位ですが、屋根瓦の傾斜に比べて切り立っていることが分かります。


少し離れて屋根を見上げると、漆喰が左官塗布された箇所は結構よく見えます。その漆喰が粗製乱造であったとき、施主様は落胆します。そんな思いをなさらないよう丁寧な作業が必要です。

面戸漆喰を水を入れて練る時はミキサーを使用して混ざりムラがない様均一にする

新しい漆喰は水と配合されて間がありません。


古い葺き土を撤去して出て来る葺き土と新しい漆喰の含水率は全く異ります。


浮き上がってしまっていた漆喰でも、それに守られていた内部の葺き土は乾燥しています。


一方つい先ほど水で攪拌されたばかりの漆喰と比べて、含水率が全く違います。

面戸漆喰を剥がすと乾燥した葺き土が露出しますが、漆喰と葺き土の含水率の違いを重要視します

湿度十分なものと乾燥しているものが密着して結合するためには、含水率が近い状態まで双方が歩み寄らなければなりません。


丁寧にゆっくりと漆喰を左官作業で塗布することで、大棟内部の葺き土と新しい漆喰が密着して行きますから、時間をかけなければなりません。


すぐに密着しない理由は含水率の他に、異質な物質であることが大きく関与しています。


異質な物質が結合するためには両者をつなぎとめる仲介者が必要です。

面戸漆喰の取り直し工事で気をつけたい事は、含水率の違う葺き土と漆喰の関係を考え、密着するまでに時間がかかることです

コンクリートを構成する物質は、セメント、砂、砂利です。


この3者を混合しても地上最強の建築物であるコンクリート構造物は出来上がりません。水が3者を繋ぎとめる仲介役をします。


これと同じ原理が新しい漆喰と30年前に盛られた葺き土との間に働くのが水分です。


この水分が両者の仲介役をするには一定の時間がかかります。

わずか5m程度の大棟の漆喰補修工事ですが、この道30年の瓦屋根職人が2人かかりで、途中の休憩も挟まず昼を過ぎました。


この作業をもし数時間で終わったとしたらどうでしょうか。漆喰補修工事の要訣を全く押さえず作業をしたらできるかも知れません。


そんないいかげんな作業では費用を捻出する意味がなくなります。何の意味もない屋根修理工事に大金を払うのは安く感じたとしてもドブに銭を捨てるようなものです。


様々な屋根修理業者から相見積もりを取られると思います。安いからという理由だけ判断するのは危険です。しかし工事品質を精査することも難しいと思います。


地元に密着して信用を第一としている屋根修理業者を選んで頂きたいと思います。街の屋根やさん宝塚店は、お客様の中長期的な計画やご方針をお聞きした上で、お家が快適で安全な機能維持をしながら経済合理性が最高になるよう考えます。


お客様のご事情は千差万別です。異なる皆様方のご事情を総合的に勘案して、現在最善であると考えられる提案によって、地元の皆様に信用される仕事を提供し続けて参ります。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宝塚店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-557-325