オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

宝塚市で屋根、雨どい、板金修理が必要な方、数日で調査、対応します


大阪北部地震、西日本豪雨、台風12号、20号、」21号、24号と、2018年の近畿地方は災害続きでした。

特に屋根被害が多すぎて、未だ屋根修理が終わっていないお宅が多いのが現実です。

屋根修理業者が見つからない、対応してくれない、いつくるか分からないで困っている宝塚市の方は、街の屋根やさん宝塚店へお問合せ下さい。

瓦屋根修理、カラーベスト屋根修理、トタン屋根修理、ガルバリウム鋼板屋根修理、雨どい修理、棟板金修理、ベランダ波板、テラス波板、屋上防水、ベランダ防水、雨漏り修理など、外回りに関するお悩みを解決します。
宝塚市でも屋根に関する被害が多発して、台風21号から半年が過ぎた今でも屋根修理が追い付かず、お悩みの方は街の屋根やさん宝塚店へお問合せ下さい

2018年の近畿地方は大阪北部地震に始まり、西日本豪雨、台風12号から24号まで、多くの人々に被害を与え、悩まされました。


その被害の多さは尋常ではなく、街の屋根やさん宝塚店には、今もなお「台風の被害で修理が必要なんだ」「いろんな業者に電話したが来てくれない」などで困っている方から電話が寄せられます。


大阪北部地震から起算すると、かれこれ1年近い時間が経過していると言うのに、このようなお問合せが入ることがお気の毒でなりません。


それだけ屋根に関する被害が多かった証でしょう。街の屋根やさん宝塚店は、屋根にまつわる修理が終わっておらず、心配が続いている方のご不安を解消します。

街の屋根やさん宝塚店は大工歴50年の超ベテラン職人が、屋根修理、板金修理、瓦修理、雨どい修理、ベランダ波板修理、ポリカ平板修理を完成させます

建築工事は様々な工種の専門職が分業体制で携わります。


屋根に関する工事であれば、瓦職人、屋根職人、板金職人、漆喰左官職人などいます。


家を完成させる過程においては、基礎コンクリート工事をする前の土工職人、型枠職人、鉄筋工、天端均しの左官職人から始まります。


基礎が完成すると「建て方」という家の躯体として一番重要な工程に入ります。


ここから陣頭指揮を執って、全ての工程に采配を振るうのが大工です。


全ての職人が指揮者、英語でコンダクターと呼ばれる大工が指揮棒、タクトを振るいながら、一生に一度の買い物である家の完成へ導きます。

街の屋根やさん宝塚店は大工歴50年で、様々な被害症例、被害事例を見てきたベテラン中のベテラン大工が、屋根の修理工事を行います。


現在の建築工事は分業化され、様々な工種の専門職が携わりますが、昔の大工さんは地業から基礎工事、建て方、左官工事、屋根工事まで、全ての工程を全部自分で行いました。


家を建てることに50年以上携わり、関わってきた街の屋根やさん宝塚店の大工は、建築物のウイークポイント(弱点)を解った上で修理工事をします。


単に瓦専門、板金専門、防水専門というだけでなく、建築工程の全ての見地、50年の間に見てきた症例、事例、実工事の良し悪しの経験値が背景になっています。

カラーベストが割れて抜け落ちてしまった屋根損傷の場合、部分修理が可能ですが、屋根材内部の防水処置を怠ると、毛細管現象で内部漏水が始まり、ひいては雨漏りにつながるので、熟達した職人による屋根修理が必要です

街の屋根やさん宝塚店では、カラーベストの部分修理などいとも簡単に修理してしまいます。


乱雑な修理では、屋根材の内部での雨漏りが止まりませんから、家を傷めます。


カラーベストが割れた場合、割れたベストだけを引き抜きますが、新しいカラーベストを差し込む前の、内部処理が大変に大事です。


これを怠ると、一見カラーベスト屋根が直ったかの状態になりますが、毛細管現象で逆流した雨水が、釘穴に到達して内部漏水します。

宝塚市で屋根瓦が割れたままの状態で、業者の対応が追い付かずに困っている方は、街の屋根やさん宝塚店が早急に屋根修理を完了します

台風の強風で飛んできて衝突した物体によって、屋根瓦が割れた事例、症例が多くありました。


1枚何キロもある陶器製の瓦が割れるのは、相当質量の大きいものが当たったのでしょう。


まず飛来物が自宅の大屋根に衝突して、平瓦や熨斗瓦、冠瓦、軒先マンジュウ瓦が割れます。


割れた瓦が大きい破片のまま下屋根(下屋)に落下して、さらに次の瓦を割るのです。


台風被害の場合、瓦屋根は部分修理で済むケースの方が多く、葺き替えや葺き直しまで必要な状態でない場合は、比較的短期間で修理が可能です。


瓦屋根の場合、手に入らない瓦、手に入りにくい瓦もありますので、瓦を探す手間ひまの方が大変だったりします。


棟の積み直し程度であれば、熨斗瓦、紐丸(冠瓦)が用意できれば、修理することは可能です。


熨斗瓦が手に入らない場合は、熨斗積みをやめて、7寸の冠瓦で仕上げる工夫も有効です。


ケラバ瓦、平瓦、軒先マンジュウ瓦の取り替えも、部分的で枚数が少なく、梯子を架けられる状況であれば、ほぼ対応可能です。

宝塚市仁川のお宅では、立派な母屋の脇に佇む離れのトタン屋根が、台風21号の強風で剥がされ、ブルーシート養生をして雨漏りから守っていた。

古いトタン屋根は強風が吹くと剥がれてしまうことがあります。古くても錆が酷くなければ強度はさほど下がらず、剥がれることはありません。


トタン屋根が剥がれる典型症例は、下地の野地板や垂木が傷んでしまっていることに因ります。屋根内部までは見る事が出来ませんので、木材の腐食が進行します。


いつ剥がれてもおかしくない状態に長い時間をかけて進行している所へ、暴風が吹き荒れるので、めくれあがってしまいます。


そのような屋根は構造用合板を用いて屋根の表面を補強します。構造用合板は躯体の一部として扱うことができる建材ですので、相当屋根が強化されます。

宝塚市で大屋根から集水器を経由して竪樋により落とされてきた雨どいは、下屋根(下屋)の上で割れてなくなってしまい、瓦の下に相当な雨水が回ってしまった。
宝塚市では2階の大屋根から流れ落ちてくる雨水を軒先で受け止める軒樋が台風21号で吹き飛ばされて欠損し、外壁に雨水が垂れた痕跡が残ってしまった。

飛来物が激突して雨どいが割れてしまい、雨の日に割れた箇所から雨水がじゃぶじゃぶ溢れ出てくるようになり、お悩みではないでしょうか。


雨どいが割れてしまったどころか、吹き飛ばされて無くなってしまった症例もたくさん発生しました。雨どいがないと、雨水は敷地内に染み込みます。


雨どいは、屋根の表面に降り注いだ雨を集めて集水器へ流し、地上へ排水する役割をもっています。その雨水は集水桝へ流されます。


集水桝からは地中に埋設された配管を経由して、雨水専用配管(本管)に集合流入します。自宅の敷地に自然放流しているのではないのです。


もし自然放流したらどうなるのでしょうか。その敷地、その地域に涵養力があればよいのですが、なければ許容量以上の滞水が土地を緩めます。


湿気が多い状態になりますので、庭にかび臭い匂いが立ち込めたり、蚊が多く湧いたり、生活環境が悪化し、健康被害になることもあります。


雨どいが壊れたことで、下屋根(下屋)の一部に雨水が集中すると、屋根材の内部に雨水が入り込むことがよくあります。


瓦屋根であれば数枚の瓦を剥がすと、内部漏水している事が判ります。内部の葺き土が湿気ていると、雨水が回っている証拠です。
猛烈な勢力の台風21号は、棟包み板金を吹き飛ばし、隣家のアンテナに巻き付いて、倒壊させようとしていた
宝塚市では台風21号の暴風で剥がされた棟包み板金が、屋根から今にも落下しそうになっている危険な状態が多発した

台風が過ぎ去り、外に出て被害がなかったかどうかを確認したところ、金属製の長い部品が庭や玄関先に落ちていて、何これ?と思われた事でしょう。


普段から見慣れていると何の部品か解りましょうが、一般の方にはなんだか想像もできない場合だってあります。


その上、あれだけの強風でしたから、自分ちの物か、よそから飛んできたものかも判別が出来ないと思います。


屋根面と屋根面が追い当たる(接合する)部分を板金の役物で包み、雨水の侵入を防いでいることから、棟包み板金と言います。


屋根の経過年数にも因りますが、ルーフィングシートの耐用年数が過ぎ去っている場合は、内部漏水(雨漏り)が始まっている可能性が高いです。
宝塚市で台風21号の強風でベランダのポリカーボネート製平板屋根が吹き飛ばされて、洗濯物干しが不自由で悩まれている方は、街の屋根やさん宝塚店が早期修理を完了します

ベランダの屋根は、波板か、平板で作り込まれている場合がほとんどではないでしょうか。


古い波板は塩ビ製やアクリル製でしょう。最近はポリカーボネート製が主流です。


平板屋根の場合も素材は波板と同じ事情にあります。ポリカーボネート製の平板も、最近は入荷スピードが上がってきました。


特殊な色調や形状、ビート、パッキン類が残っている場合は、比較的早期に建材が揃いますので、ベランダ、バルコニーの洗濯物干しが出来ずに困っている方には助かるはずです。

ベランダやバルコニーの掃除は入念に行ってください。ドレンと言われる排水口が詰まって雨水がプールのように貯まり、階下の部屋が雨漏りする症例が多発しました

昨年の西日本豪雨は、近くの河川が氾濫するのではないかと心配するくらい雨が降りました。


その降水量に耐えられない雨漏り症例が多発しました。


お客様のご要望に応じて伺うと、ベランダやバルコニーの防水処理が不良化していて雨漏りしているケースが散見されました。


またドレンと言われる排水口に落ち葉やごみ、土砂が堆積して、排水が追い付かず、ベランダがプールのようになり、染み込んだ雨水が雨漏りになっていたのです。

FRP防水面が割れていたことで、雨水が染み込んで階下のリビングに雨漏りが発生する事例が多く見られました。西日本豪雨のような大雨、長雨が来る前に、ベランダ、バルコニーの防水膜が健全かを点検して対処してください。

ベランダやバルコニーの清掃と防水施工が疎かになっている結果として階下の部屋を濡らす程の雨漏りに進行したのです。


防水施工が十分であるのか否かを判断するのは難しいことですので、ご心配な方は、街の屋根やさん宝塚店が状態の判定に伺います。


本格的な梅雨や台風シーズンが到来する前に処置しておくために、早めに行動を始めて下さい。規模が大きいとすぐに工事が出来ない場合があります。

瓦屋根修理、カラーベスト屋根修理、トタン屋根修理、ガルバリウム鋼板屋根修理、雨どい修理、棟板金修理、ベランダ波板、テラス波板、屋上防水、ベランダ防水、雨漏り修理など、外回りに関するお悩みを解決できずにいらっしゃる宝塚市の方は、街の屋根やさん宝塚店にご相談ください。


西日本豪雨、台風12号、台風20号、台風21号、台風24号から起算しても半年以上が経過しますが、まだ屋根工事が完了していないお宅は、街の屋根やさん宝塚店がお手伝いして解決します。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宝塚店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-557-325