オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

宝塚市で破風板と鼻隠し板の劣化が次の雨漏りを生み始めていた


ケラバの破風板と軒先の鼻隠し板がどんなものかを知りたいときに助かる写真

屋根のケラバ側の事を妻側とも言いますが、写真で見て頂きますと、この部分がケラバです。切妻屋根はオーソドックスな屋根の典型です。


ケラバ側も、屋根と外壁には横風に伴う雨水は吹き付けられます。屋根の骨格を形成する棟木、母屋、桁の木口が露出しないように破風板を設けます。


昔の木造家屋は全て大工さんが現場で材木を加工して、仕上げて行きました。屋根と外壁の境界は張り重ねが存在しません。


寸分たがわず匠の技を駆使して大工仕事をしても、露出した木口からは毛細管現象で雨水が侵入します。境界を晒さなければ雨水は侵入しません。

屋根の軒先側の事を桁側とも言いますが、写真で見て頂きますと、この部分が軒先です。横方向の雨どいを軒樋と言いますが、これが付いている場所とお考え下さい。


軒先には、野地板や垂木の木口が出来ます。ケラバと同じように露出では雨漏りしやすい状態ですから、覆い隠して防水するのが鼻隠し板です。


軒は屋根の延長で、外壁よりも大きく張り出しています。日差しを遮る役割と、なるべく外壁に雨水を当てないようにする役割があります。

ケラバの破風板と軒先の鼻隠し板の塗膜が劣化して雨水を簡単にしみ込ませる状態になっていた

材木を造作してケラバや軒先に取り付け、雨水を吸収して腐食しないように塗装仕上げします。


その塗装による塗膜も自然環境では劣化します。


塗膜が劣化すると色褪せが起こります。進行すると塗膜がひび割れを起こします。


ひび割れが無数に起こると、分割された塗膜が反り返り始めます。

軒先の鼻隠し板の塗膜がここまで劣化すると雨水を弾くことが出来ず垂れた雨染みが出来てしまっている

ここまで劣化が進行すると、破風板や鼻隠し板のどこからでも、吹き付けられた雨水を吸収しますので、劣化の進行速度が加速します。

軒先の鼻隠し板に浸み込んだ雨水は軒天井まで到達し雨染みが出来てしまっている

塗装が劣化した破風板と鼻隠し板は、許容量の限界まで雨水を吸収することがあります。


風が伴い降水量が多い日には最大(マックス)になります。


含水量が許容限界を超えると、破風板と鼻隠し板から雨水が滴り落ちることになります。


全ての水分が滴り落ちてくれれば良いのですが、そうならないのが曲者です。


超硬質な金属、陶器、ガラス、化学樹脂製品など以外、ほとんどの物は水を吸収します。吸収された水分は、接点があるものに伝播します。

ケラバの破風板に浸み込んだ雨水は軒天井まで達し雨染みが出来てしまっていた

鼻隠し板と接点を持つ軒天井を見てみると、雨染みが出来ていることがあります。軒下はオーバーハングで勾配があります。


その軒天井板に大きな雨染みが出来ているのは、破風板や鼻隠し板が許容限界まで吸収した水分が軒天井板まで伝播しています。


軒天井板の含水許容限界を超えると、垂木や野地板の浸食が始まりますので、三次被害につながって行きます。現時点の二次被害で食い止めて下さい。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宝塚店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-557-325