オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

カバー工法工事の事前作業で大切な~高圧洗浄作業~


雪止め金具
軒先に近い部分に集中して設置されているL型の金具が見えると思います。これは雪止め金具と言って、落雪から屋根の下にいる人々や家財を守るために設置されている安全対策建材です。この突起状態があると新しい屋根材を重ねて葺いて行く工事の支障になることと、洗浄作業において何もないほうがきれいに洗浄できることから、先んじて取り外してしまいます。
コロニアルに生えた苔
ご覧ください。25年の間に少しずつ生じていた苔の類が見えると思います。知らぬ間に屋根の表面はこのように苔さえ生じ始めているのです。
屋根材のカビ類
こちらはカビの一種が生じていると思われます。屋根は濡れていることもありますが、乾いているときも同じくらいあるのに、白カビが生じているのには驚きます。
コロニアルが割れています
ひび割れている状態が分かると思います。新築当初は十分な強度を保っていましたが、25年の時間軸の中で夏の強烈な日差し、冬の凍てつく寒さが繰り返された結果、微妙な振動を受け止めている建物の振幅や、ときに起こる地震の揺れに耐えかねて割損を生じてしまう結果です。屋根全体で10箇所以上も確認することができていいて、屋根材が限界を迎えていた証です。
高圧洗浄後の屋根表面
屋根の表面には、大気中に浮遊する微粒子のホコリなどが自然に降り積もったり、雨水とともに降りかかったりして、想像よりも多くのホコリで汚れてしまっています。汚れは汚れを呼んでしまうもので、汚れた表面にはホコリが滞留しやすくなり、そこにはコケや藻類を発生させ、種子が発芽して草が生えることもあります。

とりわけ無視できないのはカビの類です。外気に触れているのだから生えるわけはないと侮るなかれ。取り除くことなくカバー工法で覆ってしまうと、屋根の内部にカビを閉じ込めてしまい、たくましいカビは一定の条件がそろうと増殖を続け、健全な状態の建物まで触手を伸ばして、住んでいる人々に知らぬうちに健康被害を及ぼしてしまうのです。

それゆえカバー工法工事の前には「高圧洗浄作業」が有効です。軒先の唐草板金と雨樋が複雑に構成されている箇所や、谷部分、棟板金と屋根材の境目、屋根材と屋根材の継ぎ目などに汚れが滞留していることが多く、そこを重点的に洗浄していきます。

業務用の高圧洗浄機は相当なパワーがありますので、やみくもに洗浄作業をすると、比較的柔らかい素材でできている雨樋はいとも簡単に破損させてしまいます。破風板や鼻隠し板などは塗膜を剥がしてしまうだけでなく、木製や石灰成分の本体を痛めてしまうことになります。

そして汚れの目立つ屋根材と屋根材の継ぎ目などを過剰に洗浄してしまうと、その隙間から水圧で水分が侵入し、ルーフィング材が水浸しになるばかりでなく、劣化していた場合は下地材(野地板)までも水浸しにしてしまいます。奥深く侵入した水分が抜けるには長い時間を要しますので、小屋組みの構造木材を劣化させた上に、カビの元凶を重ね葺き工法で閉じ込めてしまいますので、本末転倒になってしまいます。

簡単な作業のようですが、経験豊富で熟達した技に裏打ちされた作業が求められ、屋根各部に適した洗浄作業が、そこに住んでいる人々の健康を守っているのです。

表面に付着した汚れの色こそ完璧には除却できませんが、職人さんが素手で拭っても、その手が汚れないまでに清潔になりました。これでカバー工法工事入っても安心です。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宝塚店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-557-325