茨木市で屋根のブルーシートが飛ばされたお宅では二次被害も出た


屋根をブルーシートで雨漏り養生をしていたお宅で二次被害が出ました。

屋根のブルーシートが飛ばされたのはもちろんのこと、雨どいが割れてしまい、波板にも瓦が突き刺さりました。

台風21号の猛威は大阪北部地震より激しいことが判る実例です。

大阪北部地震で被災した瓦屋根に登ると完全に大棟が崩れている様子がはっきりとわかります
大阪北部地震で被災した屋根をブルーシートで雨養生していたが台風21号で全部剥がされた

茨木市で地震後に瓦屋根が損傷したとの報告を受けて駆けつけたときの屋根の状態は大棟が崩れているものでした。


平瓦も相当ずれていたので、棟を雨養生するだけでは足りず、切妻屋根全体にブルーシートを架けて雨漏り対策をしました。


そのブルーシートは台風21号が通過した時に見るも無残な状態に引きはがしていきました。辛うじて残っている物は1枚だけでした。


しかし瓦屋根の状態をよく見ると、地震の時よりも台風一過の方が、屋根全体に相当な被害が出ている事がわかります。


猛烈な勢いで南風が吹き込み、軒先マンジュウ瓦から平瓦までがめくられ、棟瓦や熨斗瓦も風の直撃を受けて、北側の屋根面に散乱していました。


ブルーシートが引っ掛かった瓦もあるでしょうが、ブルーシートが飛ばされた後に、瓦類が風で吹き飛ばされたのです。

大屋根から落下した瓦はベランダ屋根の波板を割ってしまった

こうしてさらに屋根被害が広がってしまったわけですが、屋根の上に散乱している瓦を見ると、屋根の範囲を超えていることが想像できます。


散らばった屋根瓦は屋根の上だけに留まることはなく、屋根の上から周囲にも吹き飛ばされていました。屋根の上から落下する瓦による二次被害が発生したのです。

ベランダ屋根の波板の上に落下したものは、穴を開けてしまっています。また別の波板には瓦が突き刺さっています。

ベランダ屋根の波板の上に落下したものは、穴を開けてしまっています。


また別の波板には瓦が突き刺さっています。

大屋根から落下した瓦は下屋根の瓦を直撃して破損させた

こちらの瓦が抜けている状態は下屋根の瓦ですが、破片は取り除きましたが、大屋根から落下してきた瓦が直撃して割れました。


下屋根の瓦被害はもっと多くても良いものですが、1箇所だけにとどまっています。落下してくる瓦が少なかったからです。






ではなぜ少なかったのでしょうか。屋根の上に散乱している瓦の数からすると、少ないはずはありません。


屋根瓦を掻きまわすように荒らしていった強風は、屋根から落ちる前に瓦を吹き飛ばしていたのでしょう。


隣家の庭先に多くの瓦が散乱していました。

南側2階ベランダ屋根の波板は台風21号の強風圧を受けて大きく変形してしまった

南側ベランダ屋根の波板が波打つように変形してしまいました。

玄関ポーチの軒樋についている集水器が大屋根から落下してきた瓦が直撃して割れて無くなった
また北側玄関ポーチの軒樋の集水器がなくなっています。

これも強風で吹き飛ばされた可能性が十分に考えられますが、大屋根から落下してきた瓦の直撃を受けた可能性もあり、一次被害と二次被害の間をさまよいます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宝塚店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-557-325