オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

茨木市で屋根葺き替え、外壁塗装のための足場は3面に制限された


大阪北部地震と3回の台風で多重被害が出たお宅の屋根工事の仮設足場を架けました。

本来4面に足場を架けて全面に外壁塗装をしたかったのですが、3面しか架けることができません。

出来ないものは出来ないものとして良い意味で割り切り、できる範囲で方法を考えて行きます。

隣家の敷地内に足場架設を頼むと、塗料の影響が庭木に出るから嫌だと拒否された

このお宅の西側は敷地境界ぎりぎりまで建てられており、足場を組む場合は隣家の敷地内に立ち入らせてもらうことになります。


しかし隣人からは立ち入り許可は出ないとの事。過去に外壁塗装を試みたときにも拒否されたそうです。


建前は庭木に塗料の悪い影響が出るからというものです。

問題の隣家は自宅のほぼ四方を周囲の家屋で囲まれて、人か自転車ならば通行できる通路が唯一の出入り口で、この承役通路が施主様の物であることが心理的にネックになっていた

しかし実際には違いました。隣人が毎日歩く通路は、施主様が敷地の一部を承役地として提供している土地で、それを快く思っていないのです。


出入りする通路すら承役地として他人から提供を受ける再建築不可物件が及ぼす実生活への影響は、立ち入りを許さない隣人の心理形成にも影響していました。

足場が道路にはみ出てしまうときは、事前に警察に道路使用許可を申請しなければならない

東側外壁を見ると、敷地いっぱいに建てられており、足場を架けると道路にはみ出すことになります。


建物の外壁から少し離して足場を架けますが、足場の外側でおよそ50センチ離れている状態ですのでそれだけ道路にはみ出ています。


通常は長い時間にわたって道路を占拠したり占有する場合は、所轄の警察署から道路使用許可をもらう必要があります。


事前に施主様と協議をしていましたので確認が出来ていました。この通路の中心部分までが施主様の土地だそうです。


この通路の半分の土地を承役地として、地域の通行者のために提供している状態なので、ご近所への周知があれば問題ないのです。


ただし著しくはみ出し、救急活動などに影響を及ぼす恐れがあるほどの道路越境は厳禁です。

足場の架設は剛性を出しやすいベランダやバルコニーのある箇所からくみ上げて行きます

足場を組んでいくときにいつも意識することですが、建物本体や付加一体物、付加構造物などに連結して、安定度を高めやすい場所から始めます。


このお宅は南側に鉄骨造のベランダがありますので、これと足場を連結させると、強風でも倒壊しない剛性がでます。


剛性が出たら倒壊することはないので、思い切って2階まで架け上がって行き、続いて東面、北面へと入って行きます。

足場の架設は早期に剛性が出る部位から架け始め、次の移りながら架けて行きます

1面から3面だけでも十分な剛性が出る場合を除いて、足場は可能な限り4面に架設したいと考えています。


3面だけだと連結されていない足場の端部が不安定になることが想像できます。


壁面にアンカーを打ち込んで足場を連結する方法もあります。


壁面にアンカーを打つことを壁繋ぎと呼びますが、外壁補修工事をするのに、足場のために壁面に穴を開けたくないのです。

建物の3面にしか足場を架けることが出来ない場合は、親綱を使って1面目と3面目の両端を緊結すると足場が安定する

足場を解体する時は、モルタルやコーキング材などで穴は塞ぐにせよ、やはり壁に穴を開けたくないのです。


繋がっていない足場と足場に親綱を張って緊結することにしました。


頂部で親綱を架けておくと、足場が外側に膨らむことを回避できます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宝塚店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-557-325