オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

茨木市でモルタル外壁の過去の補修痕跡が塗装工事で消えるのか


モルタル外壁のクラック補修を行ったあとに外壁塗装工事をします。

クラック補修箇所や過去の補修痕跡は外壁塗装工事で消えるのでしょうか。

塗装で消えると思っていたのに消えなかったと落胆しないよう参考にして下さい。

過去の補修痕跡が蛇のようで気持ち悪いと施主様は感じておられました
モルタル外壁に残る過去の補修痕跡は外壁塗装では消えない規模の物がある

近畿地方はおよそ20年周期で大きな地震に襲われていて、1995年阪神淡路大震災、2018年大阪北部地震の2回ありました。


大阪でも震度5を超える阪神淡路大震災、震度6弱の大阪北部地震の規模では、家屋の外壁にクラックが入るのも無理はありません。


今回の大阪北部地震ではなく阪神淡路大震災の時にひび割れを起こし、部分補修を行ったもののその痕跡が残ったままになっています。


部分補修に費やす予算からその方法が決まってきますが、最小限の出費になるよう抑えると、クラック補修痕跡は消すことが出来ません。


施主様の声を聞くと、蛇のようで気持ち悪いし、見た目も良くないから、外壁塗装で消えて欲しいとおっしゃいます。

ほぼどのお宅のモルタル外壁にも大なり小なりクラック(ひび割れ)を確認することができ、雨漏り影響がなさそうな場所でも気になるものです。


これから外壁塗装を検討している方は、この際クラックや過去の補修痕が消えて欲しいと特に気になることだと思います。


クラックの幅や深さはそれぞれ違いますので一概に「消える」「消えない」を断言することはできないのが現実です。


どちらかと言えば「消えない」または「消えにくい」と判断する方が多いので、ひと手間加える必要があると考えて下さい。

モルタル外壁の微細なクラックは微弾性フィラーの塗装による擦り込みで十分に埋めてなくなります
微弾性フィラーで消えないモルタル外壁のクラックは変成シリコンかウレタン成分のコーキング材を擦り込んで埋める

ごく微細なクラックは、外壁塗装が水性シリコンの3回塗りで仕上げられる場合は、微弾性フィラーの擦り込みで消えます。


微弾性フィラーはシーラーとフィラーの2つの役割を果たし、粘性が高い液体でも隙間に浸み込んで仕上げ塗料をしっかり引き付けるので、ごく微細なクラックは消えてしまいます。


見た目にはっきりと確認できるほどのクラックは、変成シリコンコーキングまたはモルタルのトロを擦り込まなければ消えません。



大きな傷跡が残るモルタル外壁の表面を薄いモルタルで整形すると外壁塗装後にその痕跡がきえてしまう
大きな過去の補修痕が残るモルタル外壁は一定範囲をモルタル左官することで外壁塗装後に出ないようひと手間加える

過去に生じたクラック表面にコーキングやモルタルのトロを擦り込んだだけの補修痕は、外壁塗装だけではほぼ消えません。


モルタル外壁をよく見ると、完全な平面になっておらず、許容範囲の誤差で波打っていて、平滑な状態ではありません。


凹面を補正するようにごく薄くモルタルを塗ると平滑な平面になりますので、腕の良い左官職人に表面をしごいてもらいます。


薄い部分は1mmを下回るモルタルの塗り厚になりますが、窓際や水切り線を見切りとして、その一面にモルタルしごきをすると消えてなくなります。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宝塚店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-557-325