オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

外壁タイルを斫ってALCからタイルが剥がれた原因を考察する


サンダーで目地をカットしたタイルは職人がハンマーとタガネを使って斫って行く

明らかに浮いているタイルは一気に斫って行きます。タイル目地にはサンダーを入れてカットしていますので、あとはハンマーとタガネを使えば簡単に剥がれ落ちてきます。


しかし打診棒で検査すると軽い音を発しますが、内部ではしっかりと接着しているタイルもありました。


反対に打診棒での検査音は硬い音なのに、内部は完全に浮き上がっているタイルもありました。

外壁タイルの不具合は、斫ってみなければ真相が究明されない事があることを、実際の工事で分かってきました。
斫られたタイルは土嚢袋(PP袋)に入れて降ろされていく

タイル職人さんたちが斫ったタイルをPP袋と呼ばれる土嚢袋に入れて、足場から降ろしてきてくれます。


PP袋に目いっぱい入れると重たすぎて運ぶことができません。

そのうえPP袋は化学繊維で出来ていますので、質量の高いタイルを目いっぱい詰め込みますと、耐荷重許容量を超えて破れてしまいます。


もったいないような気がしますが、詰め込む量は半分程度にしておかなければ、廃材が散乱して後片付けの手間が増えるだけなので、経験則に裏打ちされた賢明な対処です。

斫ったタイルの裏面には下地のALC粉体が付着している
タイル本体の裏面には硬質なセメント系接着剤ががっちり付いている
斫ったタイルの裏面には塊で剥がれたALCが付着している

タイル職人さんたちが降ろしてきてくれたPP袋から斫ったタイルを取り出して観察します。タイルの裏面を覆っている白っぽい粉は、引き剥がされたALCの素材が付着しています。


その下の黒っぽい盛り上がりは、セメント系接着剤がタイルの裏面にへばりついています。ALCの素材は手で簡単にそぎ落とされていきますが、セメント系接着剤は20年を経た今もなお強固にへばりついています。


斫ったタイルをいくつも観察してみましたがすべて同じ結果でした。

浮き上がりが酷い外壁タイルは塊で剥がれてくる部分もあった

ALCは珪石、セメント、生石灰、石膏、アルミニウムなどの成分を凝固させて焼成した建築資材で、その風合いはさながら軽石のようだと形容するのが最も近いと思います。


このALCボードの厚みは100mmなので頑丈ですが、外壁タイルを斫るとALCの表面だけがセメント系接着剤とともに剥がれているものもあれば、外壁タイルとともに塊で剥がれてくるALC素材もありました。

ALCの表面だけがタイルにへばりついて剥がれるものと、一団の塊でタイルとともに剥がれてくる物の違いは何でしょうか。


外壁の下地であるALCとタイルの接着剤は強固に接着されます。その接着性は確かなものです。このマンションの外壁タイルの総面積はおよそ330㎡あります。


そのうちの20㎡だけが、20年という月日の中で浮き上がっていますので、比率にすると6%にしかすぎませんから、例外的な不具合だと言えます。


しかし例外だからと侮らず考察します。外壁タイル本体とセメント系接着剤は重たくて硬い物質です。一方ALCは軽石にも似た軽く、硬いが質量の少ない物質です。


異質な物質が接着剤で接合されていました。異質な物質の接合が大きな特徴ですが、それが諸悪の根源だと結論付けるには早計な気がします。


なぜ異質な物質の接合が20年と言う時間の中で不具合をもたらしたかを検証しなければ、片手落ちだから早計だと考えています。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら宝塚店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-557-325